ジョージ・クルーニーが、スティーブン・ソダーバーグ監督に恋人起用を進言!

2008年1月8日 12:00

縁故採用はトラブルの種だって
縁故採用はトラブルの種だって

[映画.com ニュース] ジョージ・クルーニーは、恋人のサラ・ラーソンがハリウッド・スターになれると確信。親友のスティーブン・ソダーバーグ監督に対し、彼の次回作で彼女を起用してくれるよう頼んでいるそうだ。

ラスベガスの元ウェイトレスだったラーソンと昨年夏から熱愛中のクルーニーは、美人で聡明な彼女なら女優として成功する可能性があると見ているのだ。そして、「オーシャンズ」シリーズで俳優と監督という関係で強力なタッグを組んできたソダーバーグ監督の新作コメディ「Garland Bunting Project」で、彼女を使って欲しいと求めたという。

米ゴシップ誌イン・タッチに対し、クルーニーに親しい関係者は「ジョージはサラが大スターになれると考えて、彼女のキャリアを助けているんだ」と語っている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース