「サイドウェイ」のアレキサンダー・ペイン監督の次回作決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月18日 > 「サイドウェイ」のアレキサンダー・ペイン監督の次回作決定!
メニュー

「サイドウェイ」のアレキサンダー・ペイン監督の次回作決定!

2007年5月18日 12:00

アバウト・シュミット」や「サイドウェイ」でオスカーコンテンダーになった映画監督・脚本家、アレキサンダー・ペインの次回作が決まった。米バラエティ紙によると、5月16日に全米の書店に並んだばかりのカウイ・ハート・ヘミングスによる処女小説「The Descendants」の映画化権を、フォックス・サーチライトが獲得、ペインが監督を務めることになったのだという。ペインと彼の盟友ジム・テイラージム・バークの3人が製作する。

物語の舞台はハワイで、ユーモラスで、ペイン監督好みのありきたりではない家族ドラマらしい。島の所有者の“子孫”(原題はこの意味)にあたり、オアフ島でも1、2を争う大金持ちの、心が孤独な父親が、反抗的な2人の娘を放っぽり出して、カウアイ島にいる彼の妻の愛人を追いかけるというストーリー。プロデューサーのバークによれば「シニカルな笑いと深い感動が絶妙にバランスされた、とてもヒューマンなストーリー」とのこと。まだ配役決定は先のようだが、脚本を担当するペインとテイラーが、この原作をどう料理するのか楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi