ジェニロペ、自分の女王様ぶりにショックを受ける?

2005年5月17日 12:00

そろそろ大人になれば?
そろそろ大人になれば?

ジェニファー・ロペスが、レコーディングの様子を記録したドキュメンタリー映画を自ら葬り去ったらしい。

アメリカのレーダー誌によると、ジェニファー・ロペスの所属レコード会社であるソニーは、ニューアルバム「Rebirth」のメイキング映画を、ボブ・ディランのドキュメンタリー映画「ドント・ルック・バック」を監督したD・A・ペネペイカーに依頼した。ソニーの重役や彼女のマネージャーはペネベイカーが製作したドキュメンタリー映画を「ジェニファーの本質をよく捉えている」と評価したのだが、当のジェニロペは大激怒。自分がスタッフを怒鳴り散らし、辛く当たる様子を見て、相当ショックを受けたらしい。ペネベイカー監督はジェニロペのドキュメンタリーを製作したことは認めているが、レーダー誌の記事についてはノーコメントとしている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース