「ビューティフル・マインド」への中傷キャンペーン、激烈化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年3月19日 > 「ビューティフル・マインド」への中傷キャンペーン、激烈化
メニュー

「ビューティフル・マインド」への中傷キャンペーン、激烈化

2002年3月19日 12:00

「ビューティフル・マインド」「ビューティフル・マインド」

「ビューティフル・マインド」
[拡大画像]

いよいよアカデミー賞まであとわずか。それぞれのスタジオは自社作品の猛アピールに懸命だが、同時に、他のスタジオ作品の足を引っ張る「中傷キャンペーン」も激しさを増している。一番のターゲットとなっているのが、アカデミー賞にもっとも近いと言われる「ビューティフル・マインド」。実話をもとにした同作に対して、事実との相違点を批判する声が絶えない。これまでも、主人公ジョン・ナッシュのホモセクシュアル嗜好や離婚歴などが暴露されてきたが、一番新しいのは、ジョン・ナッシュが「ユダヤ人差別者」であるという疑惑だ。匿名の情報者によるものだが、他のスタジオからのリークであるのは明白。これらの攻撃に対し、ロン・ハワード監督は「残念で仕方がないよ」とコメント。モデルとなったジョン・ナッシュ本人も、先頃、全米で放送されたテレビ番組「60ミニッツ」の中で、同性愛者やユダヤ人差別主義者などの噂を強く否定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi