私の行状記

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「男子禁制」「結婚十分前」と同じくジョーン・クローフォードが主演する映画で、「結婚十分前」「浮かれ姫君」のW・S・ヴァン・ダイクが監督にあたったのもの。原作はA・カーター・グッドローの短編で、これについてゴットリープ・ラインハルトとエセル・ボーデンが協力してストーリーを書き「結婚十分前」「男の世界」のジョセフ・L・マンキウィクが脚色した。助演者は「恋の凱歌」「泉」のブライアン・エイハーンを始め「お人好しの仙女」のフランク・モーガン、「噫初恋」のアリーン・マクマホン、「トップ・ハット」のエリック・ブローア、「海を嬢う船長」のフレッド・キーティングその他で、キャメラは「結婚十分前」「私のダイナ」のジョージフォルシーが受け持った。

1935年製作/アメリカ
原題:I Live My Life

ストーリー

ベントレー・ゲージ紹介の実権は当主ベントレーの継母ゲード老婦人の一手に掌握されているので、ひまなベントレーは娘のケイや、そのいいなずけのジーンと一緒に地中海のヨット旅行に出た。途中ギリシャのナキソス島に寄港した時、ケイは一人で上陸し考古学者のテリイが彫像を発掘している現場へ行って邪魔をした。船はその夜出帆の予定であったがテリイに興味を感じたケイは、船長にたのんで翌日また元の場所へ戻り、テリイと夜更けまで語り合った。ケイは名前を偽って、彼がニューヨークに来れば結婚すると言ったので、まじめなテリイはそれを真に受けてはるばるニューヨークまでやって来た。ところがそこへ来て始めてケイが偽名していたことを知り、激しく彼女を責め考古学協会で講演を済ましたら、さっそくナキソスへ帰る決心をした。ところがケイは次第に本心からテリイを思うようになり、彼を協会へ訪れてついに二人は将来の約束をした。ベントレーは二人の結婚を許したが、彼がゲージ婦人に秘密で投資した事業が失敗し、40万ドルという巨額の負債を生じた。それを取りつくろうには、娘がいいなずけのジーンと結婚すれば済むのであるが、娘を愛するベントレーは黙っていた。ケイは人からそれを聞き、父親のために自分を犠牲にしてテリイに愛想づかしを言った。こうしてジーンとの結婚が迫った時、父親は事業に成功して夫妻を返済した。ケイは喜んでテリイに電話をかけ、今度こそ本当に自分の愛を打ち明ける。ちょうどクリスマスで一同はゲージ老夫人の宅に招待されていたが待ち切れなくなったテリイはそこに乗り込んでゲージ夫人を罵倒した上、金なんか一文もいらんと怒鳴った。意外にもテリイの態度老夫人の意に適って、彼は一躍ベントレー・ゲージの副社長に祭り上げられたしかし性来都会の事務所で働くことの嫌な彼は、またナキソスへ帰って考古学の仕事を続けると言い、ケイとの間に大口論が始まり、二人は結婚しないと言い切ったが、テリイを愛しているケイは、やはり彼についてナキソスへ行く覚悟をしたのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る