ザ・ライト エクソシストの真実 インタビュー: アンソニー・ホプキンス、座右の銘は「勇敢であれ」

ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・ライト エクソシストの真実」 > インタビュー > アンソニー・ホプキンス、座右の銘は「勇敢であれ」
メニュー

ザ・ライト エクソシストの真実

劇場公開日 2011年4月9日
2011年4月9日更新
画像1

アンソニー・ホプキンス、座右の銘は「勇敢であれ」

最新作「ザ・ライト エクソシストの真実」(4月9日公開)でアンソニー・ホプキンスが演じるのは、主人公の神学生(コリン・オドナヒュー)に悪魔払いを教える異端のエクソシスト。そのエキセントリックな設定から、「羊たちの沈黙」シリーズのハンニバル・レクター博士をイメージしてしまうかもしれないが、今回のルーカス神父はまったく違ったキャラクターに仕上がっている。俳優業だけでなく、画家、作曲家としての活動にも精力的なサー・アンソニーに、米サンタモニカで取材した。(取材・文:小西未来)

――作品を拝見する前は、過激なバイオレンス描写が売りのホラー映画だと勘違いしていました。

「正直に言うと、エージェントからこの映画の脚本が送られてきたとき、私もそう思ったよ。ホラーは好きじゃないし、不気味なキャラクターなんてもう演じたくもない、とね。でも、妻が脚本を気に入ったので読んでみたら、とても感心してね。それでミカエル・ハフストローム監督に会ってみたら、知性があって、しかもリラックスしていて、一緒に仕事をするのが楽しみになった。実際、最近の出演作のなかで最も楽しい映画体験になったよ」

――「ハンニバル・レクター」シリーズに出演されているあなたが、ホラー嫌いというのも意外ですね。

「そもそも暴力描写が嫌いなんだ。派手なアクションも過剰な暴力も、セックスシーンだって好きじゃない。そういう露骨な演出は幼稚に思えてしまうんだ。『ローズマリーの赤ちゃん』は大好きな作品だが、あれはホラーというよりは心理サスペンスだ。『羊たちの沈黙』にしても同じ。『エクソシスト』や『シャイニング』『サイコ』も、私が好きなホラー映画というのは、すべてキャラクターの心理に重点が置かれているものなんだ」

――エクソシズムについては関心があったんですか?

「いや。映画『エクソシスト』を見ていたくらいだよ。それで、この映画に出演するに当たり、たくさんの本を読んだ。ただ、正直に言わせてもらえば、これらの本は誇張されていると思う。こういう現象は、悪魔に取りつかれているというよりも精神異常ではないかと個人的には思う。ただ、正解が存在しない以上、どんな可能性にもオープンでいるつもりだ」

――ルーカス牧師は、これまで演じたキャラクターのなかで、最もあなた本人に近い印象を抱きました。ある分野における卓越したプロフェッショナルでありながら偉ぶるところがなく、とてもフレンドリーなのに孤独が好きなところとか。

「確かに似ているかもね。実際、この役を演じるときはうちの父をイメージしていたから。ただ、私は世を捨てているわけではなくて、数人の友だちや家族という小さな輪のなかで満足しているだけなんだ。彼らと時間を過ごしたり、あるいは絵を描いたり、音楽をつくったり、読書をしたりという生活を愛している。私は人生をひとつの長い夢と捉えているんだ。酒とバラの日々もしょせん、はかない夢である、とね」

――だからこそ、人生を満喫しているように見えるのですね。今回の役どころと同じように、あなたは若手俳優に寛大で積極的に手助けすることで知られています。

「彼らは私の演技仲間であり、現場では緊張して不安になっていることが多い。どんな仕事でも新人のうちはそう感じるものだ。だから、彼らが自分の力を発揮できるように手助けするのは当たり前のことだ。彼らがキャリアで成功を収めるかどうかはわからないけれどね」

――あなたにとっての恩師は誰だったんですか?

ローレンス・オリビエリチャード・バートンアルバート・フィニーだね」

――彼らにもらったアドバイスで、その後のキャリアに役立ったものはありますか?

「ローレンスに言われた、『勇敢であれ』という言葉だね。『常に、大胆であれ』と。そのアドバイスは今でも胸に刻んでいるよ」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

やはり悪魔は実在するのだと信じるまでの思索の旅
映画評論

冒頭、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の言葉として「悪魔との戦いは今も続いている」という言葉が引用される。キリスト教最大の教派カトリックが、改めて悪魔と対峙せよとうながす警告はショッキングだ。ホラーやオカルトの類を期待していれば、肩すかし...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

R.ケリー ライヴ! ザ・ライト・イット・アップ・ツアー[HD DVD] アイ・ソー・ザ・ライト[DVD] アイ・ソー・ザ・ライト[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・ライト エクソシストの真実[Blu-ray/ブルーレイ]
R.ケリー ライヴ! ザ・ライト・イット・アップ・ツアー[HD DVD] アイ・ソー・ザ・ライト[DVD] アイ・ソー・ザ・ライト[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・ライト エクソシストの真実[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2007年12月21日 最安価格: ¥454 発売日:2017年7月5日 最安価格: ¥991 発売日:2017年7月5日 最安価格: ¥1,486 発売日:2012年4月25日 最安価格: ¥1,500
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全29件)
  • 実話の恐怖 よくあるエクソシスト物かと思いきや、実在のエクソシストの実話と言う事に恐怖を感じます。 とは言え映画の内容はよくあるエクソシスト物。 実際にエクソシスト学校があったりすると言う事実を知り思わ... ...続きを読む

    TRINITY TRINITYさん  2017年11月1日 04:57  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • リアル 実話がベースというのが怖さを一層引き立てる。見えない世界を描いたものは、結局信じるかどうかになってしまうけど、私はないと確証がないのであると思っている。 ...続きを読む

    ツムジ ツムジさん  2017年5月24日 19:43  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 実話はベースと言われても… まあ信じられないですよね。 映画的にはそれでいい?それが悪魔?なのだろうけど… オカルトは好きだけどこの映画はアンソニーホプキンスしか観るところがないかなぁ… ...続きを読む

    NEOlark7 NEOlark7さん  2015年8月27日 20:50  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi