私を抱いてそしてキスしてのレビュー・感想・評価

私を抱いてそしてキスして

劇場公開日 1992年11月14日
2件を表示 映画レビューを書く

当時AIDSについての偏見は強烈

その中でセンセーショナルな内容を扱った本作の意義は大きい。
惜しむらくは、主人公に感染させた元カレが輸血による感染だった事か?
赤井の関西らしさが抜けない演技はともかくとして、感染を告げられて検査後の悩むシーンは良かった。
現在AIDSは進行を送らせる事で生きられる時間が増えているらしい。
しかし、新たに感染を防ぐ手段はない。

個人個人の感染予防はやって当たり前であるが、ウイルスを不活化出来ないので感染を拡大させない為には感染した人が安心して治療に向かえる社会が必要だ。そうでなければ、「私は感染した」と言えず、潜伏する事になる。
その状況は、感染、非感染のどちらにも不幸である。
映画でも、悩み苦しむ南野陽子の姿で感染した人の苦しみを。
非感染ではあるが、理解を示す過程を見せた赤井英和を見ることで、想像できると思う。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2018年12月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画の役割

この映画が公開された頃には、まだ日本では一般的にエイズという病気が今以上に偏見に晒されいた時代。その時代にエイズに感染した女性とそのまわりの人々を描いたヒューマンドラマ。
反戦や環境問題や差別や偏見など、映画はいつの時代にも社会的メッセージを発信する力も持っている。
日本映画ではじめて厚生省推薦映画にも指定されたこの映画はエイズの正しい知識と偏見問題を世に提起した。
南野陽子さんが体当たりの演技で、アイドルから女優へと脱皮した作品だったとも記憶している。

光陽
光陽さん / 2018年11月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報