進め!ジャガーズ 敵前上陸のレビュー・感想・評価

進め!ジャガーズ 敵前上陸

劇場公開日 1968年3月30日
1件を表示 映画レビューを書く

当時のネタを知っていないと辛いか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

監督前田陽一。脚本に小林信彦を迎えて送るドタバタナンセンスGSコメディ。主演は当時人気絶頂期のジャガーズ。

金の密輸に絡む地球制服を企むのが内田朝雄。まるで007に於けるスペクターの様なキャラクターで、勿論パロディでも在る。
組織の男2人が、てんぷくトリオの三波伸介と戸塚睦夫。もう1人の伊東四郎はジャガーズのバンドホーイになる。
密輸相手に間違えられるジャガーズ。組織から命を狙われる羽目に…とゆうのが大筋の内容。
その合間に時代色の有るサイケデリックな演出や、当時を知るギャグ等が入る。当然の様にパロディ満載です。
内田朝雄が語る台詞等は、もろに『第三の男』のオーソン・ウエルズの有名な台詞だ!

007のパロディならばボンドガールだ!…って訳で、送り込まれるのが、ゴレンジャーならぬセクシーパンチガール。それに併せて歌いながら登場するのが、「押せば命の泉アキお○ぱいがボイ〜ン!」だ(笑)
横浜ドリームランドと、八王子のサマーランドを貸し切っては、ジャガーズのPVの様に撮影。馬鹿馬鹿しい場面が続く。
目指しているのが、『ビートルズがやってくるヤアヤアヤア』であろうのは明白。

ジャガーズの曲は当然だが、ヒロインにあたる中村晃子も自身のヒット曲「虹色の湖」を披露。
やっと運命の女性の尾崎奈々と巡り会うが彼女は…となり、最終決戦の地はあの硫黄島だぁ〜。
ここで登場するのが、ミリタリールックのルンペン(笑)
大平洋戦争に於ける大激戦の地に於いて、実に馬鹿馬鹿しい戦争ゴッコが展開される。

当時のGSブームの一端を知れる内容で、その馬鹿馬鹿しさに乗れれば充分に楽しめる。

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月31日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi