ユアン少年と小さな英雄のレビュー・感想・評価

ユアン少年と小さな英雄

劇場公開日 2007年3月24日
1件を表示 映画レビューを書く

スーパードックとしての描写は脚色しすぎ

総合:60点
ストーリー: 55
キャスト: 70
演出: 55
ビジュアル: 75
音楽: 70

 実話が基ということでボビーという犬は実在したのだろうが、どうも綺麗に劇的に描きすぎようとしているような感じがずっとします。あんな小さなテリアが大きな人間に噛み付いたり足元を引っ張ってみたりしたところで現実の効果としてはたかが知れているでしょうし、警察犬としてはあまりに不十分だし、悪人を見抜いては人すら騙す。そして登場する悪人が本当に悪人としてのみ描かれている。それに対する人間の反応がディズニーのアニメかと思うような大袈裟な反応は見ていて不自然です。全体的に脚色があまりに強すぎるように感じて、一つ一つの事件はたとえ実話だとしても実話を見ている気になりませんでした。
 実際のところはボビーは飼い主の墓を守り通したくらいしかしていないようです。その忠犬ぶりはそれはそれで素晴らしいことですが、ボビーを何でもする万能犬のように描かれていることは映画制作者の創作のようで、そこらあたりに実話を基にした映画としての違和感を感じるのです。映画を盛り上げボビーを主人公として魅力のあるものにするためには手段を選ばず脚色をしすぎているなと感じる。本当の話も多少は入ったフィクションとしての動物ものほのぼの映画、最初からそんなものとして見れば、いい家族向け・愛犬家向け映画なのかもしれません。

 犬の演技はかなり良かったです。ここが一番の見所だと思います。犬好きにはたまらないでしょう。当時の町の雰囲気も良く出ていました。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi