もののけ姫のレビュー・感想・評価

メニュー

もののけ姫

劇場公開日 1997年7月12日
62件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ひたすら圧巻。

恥ずかしながら、21年生きてきて今回が初めての鑑賞です。ジブリ作品は結構観ていますが、もののけ姫はどうも気が進まなかったんです。食わず嫌いはダメだと思い観てみますと、宮崎駿さんは世界に誇れる逸材であることを再認識させられました。

丁寧に作り込まれたキャラクターや世界観、それを実現する圧倒的な作画、没入感が半端ない音楽。まさに複合芸術の全てを突き詰めた最高のエンターテインメント作品だと思いました。

腕が切り落とされたり、頭部が飛んだりなどとグロ要素もあるので、子供向けのアニメではないのは確かです。しかし、子供にも観せるべき理由がいっぱいあります。

syuici_bad
syuici_badさん / 2018年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きろ。~痛切に迫るメッセージに震える

「金曜ロードSHOW!」での放送を鑑賞。
久々に観ましたが、やっぱり面白い。底知れぬ魅力に溢れた力作。個人的にこれまで観たアニメ映画の中で、同じくジブリ作品の「風の谷のナウシカ」と同率1位です。
自然と人間の共生。まさに永遠のテーマ。なかなか上手くはいかない問題です。深いところでは交わっていそうで、実は相反する要素もある自然と人間の終わり無き抗争、それに“生きることの意味”という主題も盛り込み、壮大なるファンタジーを練り上げた宮崎駿監督の作家性がすごいです。
“命”を描き切るために、ジブリでは珍しく生々しいシーンが多いのも特徴ですねぇ。初めて観たときは衝撃でした。
キャラクターの全てが溢れんばかりの生命力に満ちているものばかりです。それぞれの想いや考えがあって、それらのぶつかり合いに心揺さぶられました。
無慈悲さ、不条理さも持ち合わせているのは、自然も人間も大して変わらないなと感じます。滅びと再生のクライマックスは圧巻の一言。全てが解決したわけではないけれど、これから生きていく上で、何ごとも“曇り無き眼で見定め”ないといけないなと。

syu-32
syu-32さん / 2018年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

洞窟でアシタカが目覚めた後の、モロとアシタカの会話が最高。 全然噛...

洞窟でアシタカが目覚めた後の、モロとアシタカの会話が最高。
全然噛み合ってなくてダブルコミュ症。
どちらもひたすら話したい事を話すだけという異次元トーク。
そして最後はどちらも怒りだすというマジキチっぷり。
最初のタタリ神のインパクトと異次元トークはいつ見てもなんか好き

ハル
ハルさん / 2018年10月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

頭の中に残り続ける

数年ぶりに地上波で鑑賞。

小学生の頃は長くて全てを集中して見続けることは難しかったし、疲労感がすごくて、好んで見る作品ではなかった。
20台後半になっても、鑑賞後の疲労感はすごい。
見た後に寝ても何度か目が覚めた。

なにせ、壮絶だ。

8rumak1
8rumak1さん / 2018年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリは安定してて安心〜

ジブリは安定してて安心〜

こな
こなさん / 2018年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

 美輪明神

初鑑賞でもないのですが地上波でやるというので、借りた別の📀Blu-ray作品の方を観ようかどうしようかと散々迷った挙句、結局こちらを鑑賞することに。

観てると結局ナウシカやラピュタと似たようなパターン展開のお話なのですが、、
事前のCMでも目にしそれが気になって観たのですが☝🏼やはり美輪明宏さんの台詞がいちいち良いんですよね❗️

映画マン返上✔︎マン年寝太郎
映画マン返上✔︎マン年寝太郎さん / 2018年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小さい頃から何度も見たけど、歳を重ねて見るからこそ良い 共に生きる...

小さい頃から何度も見たけど、歳を重ねて見るからこそ良い

共に生きる
人間は醜くて、美しくて、苦しくて、生きる
問題は単純ではない。解決は簡単ではない
善と悪は分けられない

共に生きると言っても、(人間と自然という)二つのものは「重なり合う」のではなく、
尊重し、畏れ、距離を保つというのが、あるべき姿なのかなあ
と考えた

引用
宮崎駿
「世界全体の問題を解決しようというのではない。荒ぶる神々と人間との戦いにハッピーエンドはあり得ないからだ。しかし、憎悪と殺戮の最中にあっても、生きるに値することはある。素晴らしい出会いや美しいものは存在し得る」

ゆい
ゆいさん / 2018年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何を見せたいのかわからない

宮崎アニメを見る人でこれを良しとする人がどれだけいるかわからないが争い事をメインにして何が楽しいのか?
まず子供は見ても面白くないし、切ったり切られたりの血のシーンが有ったりといつもの宮崎アニメはどこへやら?
私的には最悪のアニメとしか言えない。
ストーリーがハチャメチャでシーン変化もめちゃくちゃでどこがメインの部分なのかさえわからない。
一度見たらもういいわ!と思わせる作品でテレビで放送しない限り
見たいと思わない。
これに関わったアニメーターたちはどんな気持ちで仕事したのか疑問でセリフもいい加減入ってこない。
これ宮崎アニメでなかったら見る人いるの??

Pros Sun
Pros Sunさん / 2018年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うろ覚え

なんかデカイ奴がトラウマでトイレに行くのも怖かった少年時代が思い出される。

ジーナ
ジーナさん / 2018年7月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宮崎駿監督の総決算 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

(映画「もののけ姫」の)元ネタと言われている漫画「マッドメン/諸星大二郎」を読んだので、続けて今作を視聴しました。

漫画「風の谷のナウシカ/宮崎駿」が脚本の下敷き(ベース)になっていることは間違いない。
アスベル→アシタカ
ラステル→カヤ
秘石→玉の小刀
大ババさま→ヒイさま
ナウシカ(風の谷の姫)→サン(もののけ姫)
クシャナ殿下→エボシ御前
王蟲(オーム)の大群→イノシシの大群
オーマ(巨神兵)→ディダラボッチ(シシ神)
・・・
といった置換関係。

ハイライトは、
タタリ神となってしまったイノシシから呪いを受けてしまったアシタカとサンの2人、共にシシ神(ディダラボッチ)の祝福を受けて呪いが解かれる。
直後、ディダラボッチが死んだことによって、ディダラボッチが蓄えていた莫大なエネルギーが四方八方に飛散。
荒野だった場所が民話「花咲かじいさん」のお話のように草むらへと一変する。

「宮崎駿監督の総決算」
といった映画に仕上がっています。

不死鳥
不死鳥さん / 2018年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昭和以前の日本的な感性を集大成

子供の頃から何度も見ていて、絵に感動しました。
何度見直しても、ジブリのアニメーションは世界最高峰だと思います。

何度も観ていると、極めて日本的な背景があり、一つ一つの細かい台詞回しから演出まで拘りが無い部分は無いのだと分かります。
これは、日本で生き、アニメを観て育った人間が共有できる感覚だと思います。

しかし、物語の中盤から畳み掛けるような急展開に合わせたアニメーションには、誰しもが息を呑む。

生きろ。 という、文字に込めた思いを感じることの出来る素晴らしい映画だと思います。

T O
T Oさん / 2018年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日テレ(金ロ)/劇場で鑑賞した当時は、まだ中学生だった。人間によっ...

日テレ(金ロ)/劇場で鑑賞した当時は、まだ中学生だった。人間によって自然がけがされることについて描いた作品で、現代社会を風刺する重いテーマだと思った。だから宮崎作品の中で、めずらしく大人向けの内容だと思った。 10年以上たった今観ても、その時とだいたい同じ印象だった。 あと、アシタカが格好良いのに気がついた。

メドローア
メドローアさん / 2018年4月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宮崎映画のやや男向け作品

生活のため山を切り崩す人間と生活の場を奪われる動物達の攻防を描いた作品。
主人公アシタカはその狭間で葛藤する。
これ迄の宮崎駿作品とは違い、激しい戦闘シーンもあり、迫力のある作品となっているため、やや大人向きの作品とも言える。
個人的にはその迫力あるシーンが印象的で良いと思う。

トラ吉
トラ吉さん / 2018年3月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

非常に評価の難しい作品

物語が終わっても何も解決していない。何とも言えない作品である。さくさ自身がこの問題に答えがでてない様が如実に伝わってきてしまっている。しかし、演出の凄みがありストーリーの出来の悪さを超えたものが伝わって来る。

気取ろう軒
気取ろう軒さん / 2018年3月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

をくってからのほうが、ジワるジブリ作品。(思いでポロポロもそう)
「千と千尋」がやおろずの神と人間界を裏と表の関係で捉えているのに対して、こちらは神と人間の対立を通して人間の不遜さと強欲の業を描く。知識を蓄えた人間側の優勢で話は進むが、ユーモアを交えながら人間の愚かさと抗えない性をシニカルに綴る叙事詩。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年3月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

自然と生きる 人間と生きる

今日で入院生活丸1週間。
つまり、何も見れてない…。ちょうどレンタルでも『我は神なり』『ドリーム』『ガンダム・ORIGIN』、劇場でもいささか評判イマイチのようだが『マンハント』など、見たいのが出始めた時だったので、ショックは尚更…。一体いつ見れる事やら…(>_<)
また、私事だが、レビュー累計2000本到達間近にして、レビューがいつ再開出来るのか分からずストップしたままなのも悔しい!
…って事で、暫く過去に見た作品の思い出しレビューを。
自分がレビューを書く際のポリシーとして、絶対見てすぐ書く。その時思った事、感じた事を、後々読み直して駄文に感じても、大事にしてるからだ。
なので、過去作品で何度も何度も見て、見なくてもレビュー書けるくらいメッチャ好き!…っていうのも、実はほとんど書いた事無い。(書いた事あるとすれば、ゴジラシリーズかな…??)
自分の記憶力のみが頼りなので、作品によって、長文になったり、概要だけになったり、簡易レビューになったりするかもしれませんが、ご容赦を(>_<)
さて、プレイバック! まずは…

思い出しレビュー1本目。
『もののけ姫』

言わずと知れた宮崎駿を興行100億円超えの国民的スーパーヒットメーカーへと押し上げた1997年の作品。
明らかにこの作品以前と以降で世間の宮崎に対する視線も変わり、線引きされる印象になった、色んな意味で記念碑的作品。
本作や本作以降の宮崎映画はクソだとまで言われてるようだが、自分はこの作品が大好きだ!
構想・製作にたっぷり時間をかけただけあって、ダイナミックなアクション、高らかなヒューマニズム、深遠なテーマなどなど、宮崎の魂がひしひしと感じ伝わってくる。
なかなかハードでシリアスなのに当時の興行記録を塗り替えたんだから、驚き! 客に媚びなくても、監督が訴えたいもの、作りたいものを心血込めれば、客にも絶対伝わる代表例だ。

OPのタタリ神襲撃シーンから引き込まれる!
旅立つアシタカ。久石譲の雄大な音楽が素晴らしい。
屋久島がモデルである神秘的なシシ神の森。
そして、女たちが力強いタタラ場。

真っ直ぐで真面目な主人公、アシタカは、作品の世界にぴったり合っている。
サンの凛とした美しさ。
人間側のキャラ描写も深い。
何と言っても、エボシ。タタラ場を仕切る女ボス。物語の展開上敵役のイメージで、自然を殺す人間の象徴そのものだが、一方で疫病にかかった者を自らの手で手厚く看護する。
人の一筋縄ではいかない善悪を体現。
中盤、サンとの一騎討ちのシーンも何と様になっている事か!
勿論、田中裕子の声の演技が素晴らしい。
卑しい人間キャラは、ジコ坊だろう。シシ神の首を狙う張本人。他人を利用したり、騙したり、クライマックスのあんな場面でもシシ神の首を諦めないもはや執念! キャラ的にコミカルなので、何故か憎めない…。我々人のあさましさを最も表しているからか…?

自然を守る獣神たちの偉容。
モロ! 美輪明宏のあの声のあの台詞こそ本作一番の興奮!「黙れ、小僧!」
エボシの首を狙っており、首だけになっても動く最期は凄まじい!
サンを愛しており、彼女への眼差し、語りかけは優しい。
本当に本作は、“女性”や“母”が強く描かれている。
それに対するような、荒々しい乙事主たち。
そして、シシ神…。

クライマックスはシシ神が落とされた首を求め暴走するが、一定の着地となる。
自分のリア友に言わせると、ここが嫌いなんだそうな。
何も解決してないじゃん。一方が一方を殺して、それで終わりでいいじゃん。
いや、それは幾ら何でも…。
テーマは、自然と人間の共存。永遠の課題。
それに簡単な決着などあるものか。
あの終わり方もいいと思うし、自然と人間は何度もぶつかり合いながら、歩み寄り、今も共存の道を探し続けている。

近大
近大さん / 2018年2月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映画館で何回か観た好きな作品です。 森の為に闘うサンはかっこよく見...

映画館で何回か観た好きな作品です。
森の為に闘うサンはかっこよく見えました。

へまち
へまちさん / 2018年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中眠たくなった

20代後半だが、今まで1度ももののけ姫を観た事がなかった。
ジブリ映画をあまり観てないというのもあって。

今更観たのも、友達とDVD鑑賞会をしたから。
自発的に観る事はなかったと思う。

感想は普通。
ちょっと眠たくなる事もあり、退屈してたというのが正直な所。

人間と自然の共存をテーマにしたという部分で目新しさはないけど、公開当時は斬新だったのかも。

トトロの方が好き。

タカ
タカさん / 2017年10月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリだいすき

絵、音楽すべてに感動!

ぴーこ
ぴーこさん / 2017年9月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい作品です。

ジブリにして攻撃的なアニメーション映画となり
細部まで作り込まれた最高の作品だと思います。
私も終始、あらゆる意味で感動を余儀なくされました。

kikki_tk
kikki_tkさん / 2017年8月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

62件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi