ソダーバーグ監督が映画界に帰還!「ローガン・ラッキー」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月2日 > ソダーバーグ監督が映画界に帰還!「ローガン・ラッキー」本編映像公開
メニュー

ソダーバーグ監督が映画界に帰還!「ローガン・ラッキー」本編映像公開

2017年11月2日 15:30

チャニング・テイタムと アダム・ドライバーが兄弟役「ローガン・ラッキー」

チャニング・テイタムと
アダム・ドライバーが兄弟役
(C) 2017 Incarcerated Industries Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「オーシャンズ11」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督が、4年前の映画監督引退宣言を撤回して手がけた復帰作「ローガン・ラッキー」の本編映像が、公開された。

不運続きのジミー(チャニング・テイタム)とクライド(アダム・ドライバー)のローガン兄弟が、“爆破職人”でもある囚人ジョー(ダニエル・クレイグ)を脱獄させ、全米最大のカーレースの売上金を盗み出そうとするさまを描く。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のライリー・キーオ、「テッド」では監督を務めたセス・マクファーレン、「バットマン ビギンズ」のケイティ・ホームズ、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のキャサリン・ウォーターストン、「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンクといった豪華キャストが結集した。

公開された映像では、ジミーがクライドに強盗計画を持ちかけるシーンが切り取られている。難色を示すクライドに、ジミーは「俺のプレゼンはまだ途中だ。余計な口を挟まず、最後まで話を聞けよ」とお手製の模型を持ち出して説明を続行。映像は、炭鉱作業員という立場からカーレース場の内部事情に詳しいジミーが、自信満々で「金の動きを知った」と言い放つシーンで幕を閉じる。

兄であるジミーに言われた途端黙り込むクライドや、ソダーバーグらしい独特の“間”が見る者をクスリとさせる仕上がりになっており、「キングスマン ゴールデン・サークル」(2018年1月5日公開)が控えるテイタムと、「スター・ウォーズ」シリーズや「パターソン」など多数の作品で活躍するドライバーが絶妙な掛け合いを披露している。

ローガン・ラッキー」は、11月18日から全国公開。

(映画.com速報)
オーシャンズ11[Blu-ray/ブルーレイ] オーシャンズ11[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 スティーブン・ソダーバーグ監督がジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツほか超豪華キャストを迎えて贈るサスペンス・アクション作品。
マッドマックス 怒りのデス・ロード[Blu-ray/ブルーレイ] マッドマックス 怒りのデス・ロード[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 自由と生き残りを賭けた“MAD”な戦いを描くバイオレンス・アクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi