19年大河「いだてん」に綾瀬はるか、生田斗真、中村獅童、竹野内豊、役所広司ら参戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月1日 > 19年大河「いだてん」に綾瀬はるか、生田斗真、中村獅童、竹野内豊、役所広司ら参戦!
メニュー

19年大河「いだてん」に綾瀬はるか、生田斗真、中村獅童、竹野内豊、役所広司ら参戦!

2017年11月1日 19:02

豪華キャストがずらり!

豪華キャストがずらり!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHKの2019年大河ドラマ(第58作)「いだてん 東京オリムピック噺」の出演者発表会見が11月1日、東京・渋谷の同局で行われた。既に発表されていた主演の中村勘九郎と阿部サダヲに加え、綾瀬はるか大竹しのぶ中村獅童生田斗真竹野内豊役所広司杉本哲太杉咲花永山絢斗勝地涼シャーロット・ケイト・フォックス古舘寛治、ピエール瀧の出演が明らかになった。会見には、スケジュールの都合で欠席となった中村以外の14人が登壇。勘九郎は、豪華な共演陣を前に「さすが大河という感じ」と驚きの声をあげていた。

宮藤官九郎が脚本を執筆する本作は、1912年のストックホルム大会から64年の東京大会まで、激動の52年間を描き、“知られざる五輪の歴史”にスポットを当てていく。2000年放送の「葵 徳川三代」以来、約19年ぶりの“主演リレー形式”を採用しており、前半パートでは勘九郎、後半パートでは阿部が主演する。

この日発表されたキャストの役どころは、前半パートの主人公“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三を取り巻く人々。綾瀬が金栗の妻・スヤ、大竹が養母・池部幾江、中村が兄の実次、役所が恩師の嘉納治五郎を演じ、生田が金栗とともに日本最初のオリンピック選手に選ばれる三島弥彦役に扮する。

13年の大河「八重の桜」で主演を務めた綾瀬は、大河主演の“先輩”としてアドバイスを求められると「(キャストの)入り時間と(NHK社員の)出社時間が一緒というのがすごく新鮮で。社食も一緒で」といきなり天然発言。笑いが沸き起こるなか、「1年を通じて1人の人の一生を演じるのは、格別の喜びがあると思いますので、いだてんのように突っ走って、私たちをひっぱってください」と主演2人に呼びかけた。

続く生田は、「官九郎さんとは一緒にたくさんの作品を作ってきましたが、裸にされることが多くて(笑)。今回も裸になる予定がございます。お茶の間の皆さまに恥ずかしくない、体作りを目指していきたい」と、まさかの肉体アピール。役所は、本作の脚本について「本当に面白いです。痛快でごつごつしている。こういった展開の台本はあまり見たことがなかったので、すごく楽しいです」と絶賛し、「魅力的な方々と仕事をするのが楽しみです」と期待を寄せた。

大竹は、「宮藤さんが大河をやると聞いて、絶対に出たいと自分から立候補した」と明かし、「今日を迎えることができて嬉しい」とニッコリ。「大河ドラマは、『元禄繚乱』で勘九郎さんのお父さまの勘三郎さんと、七之助さんとご一緒しました。だから私の今の夢は、10年後くらいに勘太郎と長三郎と一緒にこのスタジオに戻ってきたいな」と語った。

さらに竹野内がストックホルムオリンピック日本選手団監督・大森兵蔵、杉咲が三島家の女中・シマ、永山が金栗とともにオリンピック予選のマラソン競技に参加する野口源三郎を担う。また勝地が金栗の中学の同級生・美川秀信、フォックスが兵蔵の妻・安仁子、瀧が「足袋のハリマヤ」の店主・黒坂辛作、杉本が東京高等師範学校の教授・永井道明、古舘が助教授・可児徳を演じる。

「大河ドラマに出演させていただくのは17年ぶり」だという竹野内は、「皆さんと力を合わせて楽しんでまいります」と言葉に力を込める。一方、大河ドラマ初出演となるのが杉咲、永山、フォックスの3人。杉咲は、「素晴らしい先輩とご一緒させていただけることが楽しみです」と緊張気味に話し、永山は「とにかくわくわくしています」と明かす。NHK連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを演じたフォックスは、「またNHKでお仕事ができて嬉しいです」と笑顔をはじけさせた。

大河ドラマ「いだてん」は18年4月からクランクイン予定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi