吉岡里帆、画家ゴッホの生き様に感銘「人間性にひかれている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月23日 > 吉岡里帆、画家ゴッホの生き様に感銘「人間性にひかれている」
メニュー

吉岡里帆、画家ゴッホの生き様に感銘「人間性にひかれている」

2017年10月23日 17:30

ゴッホと作品について語った吉岡里帆

ゴッホと作品について語った吉岡里帆
[拡大画像]

[映画.com ニュース]10月24日に開幕する、日本初となるオランダのファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクト「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に先駆け23日、上野の東京都美術館で報道向け内覧会が行われ、NHKで放送予定の特集番組「ゴッホは日本の夢を見た」に出演する吉岡里帆が、画家と作品について語った。

番組のロケで、ファン・ゴッホゆかりの地であるパリ、アルル、オランダ各地などを訪問した吉岡。同展の絵画に対面し「日本に帰ってきて、待っていてくれたような懐かしい感じがした」としみじみ。「美しさや造形だけでなく、人間性にひかれている。心のあり方を教えてくれる存在」と生前不遇だった画家の生き様に感銘を受けていると話した。

同展は、浮世絵をはじめとする日本美術から大きな影響を受けたファン・ゴッホの軌跡をたどりながら、ファン・ゴッホと日本との相互関係にスポットをあてた展覧会で、「第一部:ファン・ゴッホのジャポニスム」と「第二部:日本人のファン・ゴッホ巡礼」の2部構成で、「タラスコンの乗合馬車」「雪景色」など4つの日本初公開作品を含むファン・ゴッホ作品約40点と、ファン・ゴッホが影響を受けた浮世絵など約50点を同時に展示する。

また、ファン・ゴッホゆかりの地オーヴェールを訪れた約240人の日本人が記した3冊の「芳名録」を日本初公開。佐伯祐三ら日本近代絵画の名作をはじめ、当時の写真や手紙などオーヴェール巡礼の実相を、約80点の豊富な資料からたどる。

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」は、2018年1月8日まで。特集番組「ゴッホは日本の夢を見た」はNHKで11月3日放送予定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi