二宮和也、100年前のレシピの秘密を言い当てドヤ顔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月23日 > 二宮和也、100年前のレシピの秘密を言い当てドヤ顔
メニュー

二宮和也、100年前のレシピの秘密を言い当てドヤ顔

2017年10月23日 18:24

西島秀俊、宮崎あおいが帝国ホテル初代料理長のレシピに舌鼓「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」

西島秀俊、宮崎あおいが帝国ホテル初代料理長のレシピに舌鼓
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 二宮和也が10月23日、東京・帝国ホテルで行われた、主演映画「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」のイベント「幻のレシピ再現披露会」に、共演の西島秀俊宮崎あおい滝田洋二郎監督、料理監修を務めた服部幸應氏とともに出席した。

料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一氏のデビュー小説を、「おくりびと」の滝田監督のメガホンで映画化。絶対味覚=“麒麟の舌”を持つ料理人・佐々木充(二宮)が、1930年代の満州で天皇の料理番・山形直太朗(西島)が考案した究極のフルコース「大日本帝国食菜全席」の再現を依頼され、レシピに隠された秘密に迫っていく姿を描く。

本イベントでは、「大日本帝国食菜全席」が作られた時代と同時期に、帝国ホテルの初代料理長・吉川兼吉が手がけた「吉川レシピ」が披露された。約100年前に誕生した吉川レシピは、286種類の西洋料理が記載され、2009年に同ホテルに寄贈されたもの。“リアル「ラストレシピ」”の存在を知らされた二宮は、「実際にはないものだと思って作っていた世界観が、実際にあったことに驚きですよね」と明かす。西島も、自身が演じた山形直太朗と吉川兼吉の境遇が似ていることに触れ「僕も『吉川レシピが元ネタとしてあって、この映画を作ったわけではないですよね?』とお聞きしたくらい、2人の料理人の境遇がそっくりだったので驚きました」と同調した。

さらに帝国ホテル総料理長の田中健一郎氏の解説のもと、吉川レシピを再現した料理を試食することに。 西島と宮崎は、洋梨のピューレやリキュールを用いたババロア「露国風洋梨乳酪冷菓(シャルロト ルッス ア ラ ポワール)」を口にした瞬間、思わず顔を見合わせニッコリ。二宮も「美味しいですよ。本当にそれに尽きる(笑)」と声をあげる。

さらに二宮は、「ただ、僕が思っていたより軽く感じましたね。もうちょっと重たいというか、ボリュームを感じるかと思っていたのですが」と指摘。これを受け、田中総料理長は「本当にすごい。全部その通りなんです」と目を丸くし、「吉川料理長の分量で作ると、クリームも濃くなるし、砂糖ももっと多い。我々は甘さを軽めにして作っています」と説明する。100年前のレシピとの違いを言い当てた二宮は、ドヤ顔を決めて笑いを誘っていた。

劇中同様に“絶対味覚”を発揮し、盛り上げた二宮。だが、撮影時のエピソードを問われた西島が「毎回撮影が終わると、(撮影用に作った料理を)みんなでいただいた」と明かすと、「いいですねえ……」とぼやいていた。「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」は11月3日から公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi