ライアン・ゴズリング、14歳で見た「ブレードランナー」の衝撃は「記憶から消えない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月20日 > ライアン・ゴズリング、14歳で見た「ブレードランナー」の衝撃は「記憶から消えない」
メニュー

ライアン・ゴズリング、14歳で見た「ブレードランナー」の衝撃は「記憶から消えない」

2017年10月20日 14:00

圧倒的な演技を披露「ブレードランナー」

圧倒的な演技を披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ラ・ラ・ランド」で新たなファンを獲得したライアン・ゴズリングが、傑作SFアクション「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く続編「ブレードランナー 2049」について語った。

前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに「メッセージ」「ボーダーライン」のドゥニ・ビルヌーブ監督を起用した本作。2019年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”の追跡劇を描いた前作から30年後。現役捜査官のK(ゴズリング)と前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまが描かれる。

ゴズリングは、「ブレードランナー」が今なお世界中から愛されている理由について「悪夢のような近未来が描かれているのに、説得力があってリアルだし、現実に起こりうる話なんだ」と見解を述べる。「『ブレードランナー』はとにかく記憶から消えることがない作品だった。あの世界の残像を振り払うことはできない。現実的なのにロマンティックな夢を見ているような手法で語られていくんだ。時間の経過と共に、この映画の独自性が証明されていったと思う」。

ゴズリングが「ブレードランナー」に出合ったのは、14歳のときだという。当時を思い返し、「それまでの自分が見聞きしてきたものに、『ブレードランナー』がものすごく影響を与えていることに気づいた」と衝撃を語っている。ゴズリングの言葉通り、酸性雨が降りしきる陰うつな画面、日本語を含めたさまざまな言語が雑多に並び、東洋の文化が入り混じった未来像は、以降のあらゆる作品に影響を与えていった。

ブレードランナー 2049」では、そういった世界観がさらに深化しており、スモッグが垂れ込める町の様子やネオンが光る店といった前作にも通じる描写だけでなく、広大な砂漠や雪原、謎めいた施設などが次々と登場する。その世界に生きる人々についても変化が訪れており、ゴズリングは「登場するのは前作以上に厳しく孤独な世界だ。その結果、ブレードランナーの仕事もさらに複雑になっている。Kは違法なレプリカントを見つけるために送り込まれる。そして、図らずも自分自身にとって重要な意味のある謎を発見してしまうんだ」と秘密のベールに包まれたストーリーの一端を明かしている。

ブレードランナー 2049」は、10月27日から全国公開。

(映画.com速報)
ブレードランナー ファイナル・カット[Blu-ray/ブルーレイ] ブレードランナー ファイナル・カット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi