「X-MEN」スピンオフ「ニュー・ミュータンツ」は3部作の第1弾に 監督が示唆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月18日 > 「X-MEN」スピンオフ「ニュー・ミュータンツ」は3部作の第1弾に 監督が示唆
メニュー

「X-MEN」スピンオフ「ニュー・ミュータンツ」は3部作の第1弾に 監督が示唆

2017年10月18日 11:00

メイジー・ウィリアムズ、アニヤ・テイラー=ジョイ、チャーリー・ヒートン「きっと、星のせいじゃない。」

メイジー・ウィリアムズ、アニヤ・テイラー=ジョイ、チャーリー・ヒートン
写真:Visual Press Agency/アフロ、
Photo by Venturelli/WireImage、
Photo by Karwai Tang/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気SFアクション「X-MEN」シリーズの新スピンオフ映画「ニュー・ミュータンツ(原題)」が、3部作の第1弾として製作されていることがわかった。

きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督がメガホンをとっている「ニュー・ミュータンツ」は、隔離施設に閉じ込められた特殊能力を持つ若きミュータントたちを描くもので、ブーン監督は当初から3部作構想を練ってきたという。

「ニュー・ミュータンツ」を含めた3部作は、これまでの「X-MEN」シリーズよりもホラー要素の強い作品になるとのこと。英IGNによれば、ブーン監督は「デッドプール」や「LOGAN ローガン」など、20世紀フォックスが同じ「X-MEN」シリーズでも全くテイストの違う作品を製作していることに刺激を受け、「ニュー・ミュータンツ」も独自のトーンで作りたいと考えたようだ。ダークさが際立っていたビル・シェンキェビチ&クリス・クレアモントによる原作コミックや、映画「カッコーの巣の上で」「エルム街の悪夢」にインスパイアされた作品になっており、本作が成功すれば第2弾、3弾とそれぞれ違ったトーンのホラー映画として製作するつもりだという。

「ニュー・ミュータンツ」は、大ヒットファンタジー「ゲーム・オブ・スローンズ」のアリア・スターク役で知られるメイジー・ウィリアムズや、映画「ウィッチ」「スプリット」で注目度急上昇中のアニヤ・テイラー=ジョイ、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のチャーリー・ヒートンをはじめ、「13の理由」のヘンリー・ザガ、新人ブルー・ハントといった若手キャストが結集。2018年4月13日(金曜日)の全米公開が予定されている。

(映画.com速報)
X-MEN セレブロ・コレクション〈CEREBROヘルメット付〉...[Blu-ray/ブルーレイ] X-MEN セレブロ・コレクション〈CEREBROヘルメット付〉...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥10,714 SFバトルアクション「X-MEN」より、続編である「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「ウルヴァリン:SAMURAI(日本劇場公開版&エクステンデッド版)」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト(3D&2D)」に特典ディスク3枚を収録した12枚組Blu-rayセレブロ・コレクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi