苦楽を共にした菅田将暉&ヤン・イクチュンが垣間見せた、揺るぎないつながり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月8日 > 苦楽を共にした菅田将暉&ヤン・イクチュンが垣間見せた、揺るぎないつながり
メニュー

苦楽を共にした菅田将暉&ヤン・イクチュンが垣間見せた、揺るぎないつながり

2017年10月8日 12:00

菅田将暉&ヤン・イクチュン「息もできない」

菅田将暉&ヤン・イクチュン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 寺山修司の唯一の長編小説を映画化した「あゝ、荒野」で菅田将暉ヤン・イクチュンは孤独と闘い、自身の存在価値を見いだすためにボクシングに打ち込んだ。鍛え上げられたしなやかな筋肉が躍動し、互いの思いが交錯する2人の戦いは凄絶で切なく、そして美しい。

菅田は当然、リアルタイムでは寺山修司にふれていないが、蜷川幸雄氏が2011年に「あゝ、荒野」を「嵐」の松本潤小出恵介主演で舞台化。自身も2014年に蜷川氏の舞台「ロミオとジュリエット」に主演しただけに、オファーには運命的なものを感じずにはいられない。

「今思えば、蜷川さんのことを思い出しましたね。見てほしかったなあという気持ちもありつつ、どこかで届けという思いもあったのかなと」

少年院から出たばかりで家も職もなく行き場のない怒りに身を任せて生きる沢村新次と、きつ音と対人恐怖症に悩み自我を解放させたいと願う二木建二。2人は元ボクサーの堀口の誘いでボクシングと出合い、プロを目指していく。

09年に監督・主演の「息もできない」で世界に衝撃を与えたヤンは、同作を配給したスターサンズの社長で今回の企画・製作を務める河村光庸氏が韓国まで持ってきた企画書に心動かされた。

「すごく肉体的で本能的な作品になるんじゃないかと。最近の映画は派手なものが多いけれど、これはちょっと原始的な匂いもする。年齢的にも40歳くらいだったのでなかなかできる役ではない。すぐにやりたいという気持ちになりました」

菅田も「息もできない」をはじめ、日本映画の「かぞくのくに」などヤンの出演作を見ており、その存在に背中を押され大きなモチベーションになったと明かす。

「『息もできない』はパワーと狂気的なもの、怖さが画面から伝わってきた。何本も映画をやっていると、自分が出ていても出ていなくてもどこか客観視することが増えてしまう。でも、『息もできない』はただの観客にさせてもらえた。そのヤンさんとできるのは、純粋に幸せだなと思いました」

一方のヤンも、菅田の存在は知らなかったものの、初対面で新次のキャラクターに通じる野獣性、激情を感じ取っていたようだ。

「急にどこからかオオカミが1匹現れたような気持ちになったんです。映画界にいればだいたい飼い慣らされた動物のようになっていく人が多い中で、全く訓練されていない野生動物がやって来た。脚本や映画を撮る環境といった鎖につないでおかないと大変なことになると思わされました」

2人は撮影の数か月前からプロボクサーとしての体づくりをそれぞれの国で開始。階級を合わせるために菅田は増量、ヤンは減量を求められた。

菅田「もう、ボクシングをいっぱいしました。とりあえずはいっぱい食べて体を大きくして、そこから炭水化物をだんだんカットしていく。試合(の撮影)前日までずっと抑えて、当日に食べると何を食べてもエネルギーに変えられる状態になるんです」

ヤン「僕は『春の夢』という映画の現場で、つま先立ちをしながら歩くことをずっとやって、その後は1日に7~8キロくらい走っては歩いてを繰り返し、腕立て伏せや腹筋をして、日本に来る前にある程度減量はできました」

だが2人にはプロとして戦うため、建二のデビュー戦の相手としても出演しているボクシング指導のトレーナー・松浦慎一郎による、さらなる過酷なトレーニングが待ち受けていた。

(映画.com速報)
息もできない[DVD] 息もできない[DVD] 最安価格: ¥3,201 製作・監督・脚本・編集・主演の5役をこなしたヤン・イクチュンの初の長編監督作品。
かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,553 25年が経過して、兄があの国から帰ってきた…。ヤン・ヨンヒ監督が、今なお北朝鮮で暮らす家族を想い書き下ろした真実の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi