「BRAHMAN」がボクシングリングでパフォーマンス!「あゝ、荒野」主題歌MV : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月29日 > 「BRAHMAN」がボクシングリングでパフォーマンス!「あゝ、荒野」主題歌MV
メニュー

「BRAHMAN」がボクシングリングでパフォーマンス!「あゝ、荒野」主題歌MV

2017年9月29日 18:00

TOSHI-LOWのボクシングシーンも収録!「二重生活」

TOSHI-LOWのボクシングシーンも収録!
(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 菅田将暉ヤン・イクチュンがダブル主演し、寺山修司の長編小説を2部作で映画化する「あゝ、荒野」の主題歌「今夜」のミュージックビデオが完成した。同曲を手がけたハードコアパンクバンド「BRAHMAN」のメンバーが、ボクシングリングの上でパフォーマンスする様子をおさめている。

1960年代後半の日本のアングラ文化を生み出したサブカルチャーの先駆者・寺山が、66年に発表した唯一の長編小説を、「二重生活」の岸善幸監督が実写映画化。少年院あがりの新次(菅田)と、きつ音と赤面対人恐怖症に悩むバリカン(ヤン)がボクシングを通して育む奇妙な友情、新次に待ち受ける“宿命の戦い”を、時代設定を現代に変更して描く。

主題歌「今夜」のミュージックビデオは、本作のメガホンをとった岸監督が手がけた。映画の舞台である新宿の街を歩くバンドメンバーの姿、ボクシングリングで熱唱する場面など、映画の内容とリンクする映像に仕上がっている。さらに、ボーカル・TOSHI-LOWのボクシングシーンも収録。パンチを受けたTOSHI-LOWが倒れこむ姿は、本物の試合さながらの熱量が伝わってくる。

ミュージックビデオの制作に初挑戦した岸監督は、「今回、TOSHI-LOWさん、KOHKIさん、MAKOTOさん、RONZIさんと一緒にMVをつくりました。舞台は映画と同じ新宿。彼らは新次やバリカンのように激しく、やさしく、フォトジェニックで、僕は映画の撮影がいまだ続いているような錯覚に陥りました。たぶん、きっと、もう一つの『あゝ、荒野』をつくっていたからかもしれません」とコメントを寄せている。

あゝ、荒野 前篇」は10月7日、「あゝ、荒野 後篇」は10月21日から公開。

(映画.com速報)
二重生活 Blu-ray スペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 二重生活 Blu-ray スペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 直木賞作家・小池真理子の同名小説を、ドラマ「ラジオ」で文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、数多くのドラマやテレビ番組を手がける岸善幸の劇場デビュー作として映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi