西島秀俊、二宮和也主演映画でまさかのハプニング「右手がずっと燃えていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月25日 > 西島秀俊、二宮和也主演映画でまさかのハプニング「右手がずっと燃えていた」
メニュー

西島秀俊、二宮和也主演映画でまさかのハプニング「右手がずっと燃えていた」

2017年9月25日 22:13

舞台挨拶を盛り上げた 西島秀俊と宮崎あおい「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」

舞台挨拶を盛り上げた
西島秀俊と宮崎あおい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一氏によるデビュー小説を映画化した「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」の完成披露舞台挨拶が9月25日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の二宮和也をはじめ共演の西島秀俊綾野剛宮崎あおい西畑大吾滝田洋二郎監督が出席した。

絶対味覚=“麒麟の舌”を持つ料理人・佐々木充(二宮)が、1930年代の満州で天皇の料理番・山形直太朗(西島)が考案した究極のフルコース「大日本帝国食菜全席」の再現を依頼され、レシピに隠された秘密に直面していく姿を描く。二宮は、約4000人が詰めかけた場内を見渡し「お集まりいただいた皆さんは、年齢も性別も価値観も、違う人たちだと思います。しかし、皆に家族があって、好きな人がいて。生きるうちに経験する“人の温かさ”の温度は変わらないと思っています。人の温かさがこの映画には必ずあって、僕はそれがこの映画の一番いいところだと思っています」と思いの丈を打ち明けた。

さらにこだわりのシーンを問われると、時代に翻ろうされる1930年代の料理人・直太朗に扮した西島は「あるシーンで、料理にお酒をかけて火をつけるんです。(同場面で共演した)西畑くんは見ていたと思うけど……」と切り出す。「(カメラ)テストからずっと、俺の右手が燃えていた。酒が手にかかっていて、どうやっても毎回燃えるの。すごい能力がある人みたいに、手から真っ青な火が出ながら歩いていた」と告白すると、観客のみならず二宮も驚きの声を上げる。西畑が「ずっと燃えているから、大丈夫なのかなって見ていました」と振り返れば、西島は「(本編に)映っているんですかね?」と疑問を投げかけ、滝田監督は「映っていますよ」とけろりと答えていた。

また宮崎は、緊張しっ放しの西畑に対して「西畑くんとは2回目の共演。その時は息子役だったので、お母さんのように見ていました」とほほ笑む。2000年代初頭の現代パートで共演した二宮と綾野は、互いに信頼関係を見せつけ、「ニノとは、ほとんど目を合わせて芝居していないんです。彼を見なくても、どういう表情でそこに佇んでいるかわかる。信頼関係があるので。あと、単純に好きです」(綾野)、「剛ちゃんを全面的に信頼しているので。2人の空気感でやらせていただいたのは大きかったです。ひとつの作品でずっと一緒にいたのに、目が合っていないって珍しいよね」(二宮)と語り合っていた。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」は、11月3日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi