映画製作に奮闘する人々描く「人生はシネマティック!」ポスター&新場面カット公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月5日 > 映画製作に奮闘する人々描く「人生はシネマティック!」ポスター&新場面カット公開
メニュー

映画製作に奮闘する人々描く「人生はシネマティック!」ポスター&新場面カット公開

2017年9月5日 12:00

「人生はシネマティック!」ポスター画像「人生はシネマティック!」

「人生はシネマティック!」ポスター画像
(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION
/ THEIR FINEST LIMITED 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第2次世界大戦下の英ロンドンで、映画製作に情熱を注ぐ人々を描いたヒューマンドラマ「人生はシネマティック!」のポスター画像と、新たな劇中カットが公開された。

1940年、ロンドンでコピーライターの秘書として働いていたカトリン(ジェマ・アータートン)は、ひょんなことから、ダンケルクの戦いを題材にしたプロパガンダ映画の脚本家に抜てきされる。しかし、いざ製作を開始すると、ベテラン俳優のわがまま、政府と軍の検閲や横やりなどトラブルが続出。そのたびに脚本は二転三転するものの、撮影は何とか大詰めを迎える。しかし、最後に最大級のトラブルが待ち受けていた。

このほど公開されたポスター画像には、強い意志がうかがえる笑顔のカトリンと、カトリンを採用した情報省映画局の特別顧問バックリー(サム・クラフリン)のほか、2人を困らせるベテラン俳優アンブローズ・ヒリアード(ビル・ナイ)、なんとしても映画を完成させようと集まった製作陣の姿が収められている。

また場面カットは、地下鉄のホームに集まる民衆の様子や、疲れ果てたカトリンがバックリーの前で眠ってしまう姿を切り取っており、厳しい条件や社会情勢のなかでもよりよい映画を製作しようとするカトリンの奮闘ぶりがうかがえる。

人生はシネマティック!」は、11月11日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi