アガサ・クリスティ「無実はさいなむ」ドラマ化にビル・ナイ、キャサリン・キーナーら : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月18日 > アガサ・クリスティ「無実はさいなむ」ドラマ化にビル・ナイ、キャサリン・キーナーら
メニュー

アガサ・クリスティ「無実はさいなむ」ドラマ化にビル・ナイ、キャサリン・キーナーら

2017年7月18日 18:40

ビル・ナイ&キャサリン・キーナー「ドーバー海峡殺人事件」

ビル・ナイ&キャサリン・キーナー
Photo by Hannes Magerstaedt/Getty Images、
Photo by Rodin Eckenroth/Getty Images for Universal Home Entertainment
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “ミステリーの女王”アガサ・クリスティの小説「無実はさいなむ」を英BBCがドラマ化する新作に、豪華キャストが出演することがわかった。米ハリウッド・レポーターによれば、ビル・ナイキャサリン・キーナーマシュー・グードアリス・イブエド・ウェストウィックエレノア・トムリンソンらが共演するという。

3話構成のミニシリーズ「無実はさいなむ」は、クリスティの名作「検察側の証人」を2016年に、「そして誰もいなくなった」を15年にドラマ化した英プロダクション、マンモス・スクリーンが制作。サラ・フェルプスが脚本、サンドラ・ゴールドバッハーが監督を務め、今月下旬にスコットランドでクランクインする。

1958年に出版された原作「無実はさいなむ」は、義母殺害の罪で逮捕されたジャッコが獄中死して2年後、ジャッコのえん罪を証明するという男が現れ、遺族たちの間で波乱が起こる、という内容。この小説は、84年にドナルド・サザーランド主演「ドーバー海峡殺人事件」として映画化された。

クリスティの小説はほかに、ケネス・ブラナー監督・主演で映画化した新作「オリエント急行殺人事件」が公開を控えている。ジョニー・デップペネロペ・クルスジュディ・デンチウィレム・デフォーミシェル・ファイファーデイジー・リドリーと、こちらも豪華スターが勢揃いしており、11月10日から全米公開、12月8日から日本公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi