永瀬正敏“ジャームッシュ愛”爆発!「パターソン」初日に「ギミー・デンジャー」もPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月26日 > 永瀬正敏“ジャームッシュ愛”爆発!「パターソン」初日に「ギミー・デンジャー」もPR
メニュー

永瀬正敏“ジャームッシュ愛”爆発!「パターソン」初日に「ギミー・デンジャー」もPR

2017年8月26日 21:50

舞台挨拶に立った永瀬正敏「パターソン」

舞台挨拶に立った永瀬正敏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジム・ジャームッシュ監督が4年ぶりに手がけた長編劇映画「パターソン」が8月26日、全国7館で封切られ、日本人詩人役で出演した永瀬正敏が東京・新宿武蔵野館での初日舞台挨拶に立った。

映画は、米ニュージャージー州パターソンを舞台に、バスの運転手パターソンの平凡だが優しさにあふれた7日間を、詩情とユーモアを込めて描写する。「ミステリー・トレイン」(1989)以来、27年ぶりにジャームッシュ作品に出演した永瀬は、本作の感想を問われると「びっくりしました。こんな作品ができるなんて。ジャームッシュファン、映画ファンとして嬉しかったです」「小さな幸せが積み重なって、こんなに素晴らしい作品に仕上げるということは、大抵の監督ではできない。改めてすごい監督だなと思いました」と称賛した。

作品のみならず、監督の人柄にも惚れ込んでいるそうで「本当に大好き。監督としても大好きですし、人としても尊敬しています」とニッコリ。「27年前と比べて、変わった点」を聞かれても「変わらない。ジム・ジャームッシュさんが作る現場は本当に温かい。分け隔てなく、誰でも仕事がしやすい現場を率先して作られる。帰りたくなくなるような現場です」と明かした。

さらに、主演のアダム・ドライバーの人柄についても触れ「世界的な大スターじゃないですか。なのに、おごることがなく、現場にも1人でいらしていました」と振り返る。ドライバーといえば、「スター・ウォーズ」シリーズのカイロ・レン 役でおなじみのため「フォースが使える人ですからね。ふんぞり返っていてもいいはずじゃないですか。めちゃめちゃ強いんだもんね」と笑いを誘った。

イベント終盤、“ジャームッシュ愛”が高まった永瀬は、突然ジャケットに視線を移すと「なんだこれ? なんだこれ?」と言い、胸元につけたジム・ジャームッシュ監督作『ギミー・デンジャー』のバッチをアピール。「来週、9月2日に『ギミー・デンジャー』という、イギー・ポップ、ストゥージズのドキュメンタリーがあるんですけど、それもジムさんが監督した。来週はそっちも見に来ていただければ」と熱心に呼びかけていた。

(映画.com速報)
ミステリー・トレイン[DVD] ミステリー・トレイン[DVD] 最安価格: ¥989 寡作の巨匠、ジム・ジャームッシュ監督がメンフィスの一夜を舞台に、お互いを知らぬまま同じホテルに宿泊している三組の人物を描いた、ユーモアと優しさ溢れる傑作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi