ジャームッシュ監督自作の詩を公開 日常のきらめきを見つめる「パターソン」本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月10日 > ジャームッシュ監督自作の詩を公開 日常のきらめきを見つめる「パターソン」本編映像
メニュー

ジャームッシュ監督自作の詩を公開 日常のきらめきを見つめる「パターソン」本編映像

2017年8月10日 14:00

少女役のスターリング・ジェリンズは 注目作が相次ぐ注目株「パターソン」

少女役のスターリング・ジェリンズは
注目作が相次ぐ注目株
(C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジム・ジャームッシュ監督の最新作「パターソン」の本編映像が、公開された。主人公が詩人の少女と出会うシーンを切り取っている。

沈黙 サイレンス」や「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー、「光(河瀬直美監督)」の永瀬正敏、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のゴルシフテ・ファラハニらが顔をそろえた本作。米ニュージャージー州パターソンを舞台に、バスの運転手パターソン(ドライバー)の平凡だが優しさにあふれた7日間を、詩情とユーモアを込めて描写する。

本映像で少女が朗読する「水が落ちる(Water Falls)」は、ジャームッシュ監督自らが作詩したもの。「水が落ちる 明るい宙(エア)から 長い髪(ヘア)のように」と言葉遊びを交えつつ、“雨”の美しさを淡々とつづっていく。ジャームッシュ監督の感性が垣間見えるシーンとなる。ドライバーが、落ち着いた演技で作品に穏やかなぬくもりを添えているほか、ジャームッシュ監督の「コーヒー&シガレッツ」や、「ブルーベルベット」「ワイルド・アット・ハート」などデビッド・リンチ監督とのタッグで知られる撮影監督フレデリック・エルムスの自然光を取り入れたショットも堪能できる。

少女を演じたスターリング・ジェリンズは、「ワールド・ウォー Z」でブラッド・ピット演じる主人公の娘に扮して注目を浴びたほか、「死霊館」シリーズでは主人公夫婦の娘役、「ダーク・プレイス」ではシャーリーズ・セロン演じる主人公の少女時代を演じている若手注目株だ。

パターソン」は、8月26日から全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi