新「バットマン」監督、ベン・アフレックの脚本をボツに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月14日 > 新「バットマン」監督、ベン・アフレックの脚本をボツに
メニュー

新「バットマン」監督、ベン・アフレックの脚本をボツに

2017年7月14日 11:00

ベン・アフレックが演じたバットマン「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

ベン・アフレックが演じたバットマン
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ベン・アフレック主演の「ザ・バットマン(原題)」の準備を進めているマット・リーブス監督が、アフレックが執筆した脚本をボツにしたことを明らかにした。

本作は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でアフレックが演じたバットマンことブルース・ウェインを描く単独映画。当初は、主演のアフレックがメガホンをとる予定で、プロデューサーのジェフ・ジョンズとともに自ら脚本を執筆していた。しかし今年1月、演技に集中したいという理由で監督を辞退。そのため、製作の米ワーナー・ブラザースは、「クローバーフィールド HAKAISHA」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のリーブス監督にラブコールを送り、契約に至った。

リーブス監督は、最新作「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のプロモーションで、MTVのポッドキャスト「Happy Sad Confused」に出演。「ザ・バットマン」はアフレックが執筆した脚本をもとにするのかと聞かれ、「違う、新しいストーリーだ」と回答。「いま新たに始めたばかりだ。とてもエキサイトしている。ものすごくクールな作品になると思う」と話した。アフレック版の脚本では、デスストロークが敵役として登場する予定だったが、リーブス版に継承されるかどうかは不明だ。

リーブス監督の「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は7月14日に全米公開。日本では10月13日に封切られる。

(映画.com速報)
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生[Blu-ray/ブルーレイ] バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 2大スーパーヒーローが激突するSFアクション大作。
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ...[Blu-ray/ブルーレイ] クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 謎に包まれた内容と宣伝展開で話題になったマット・リーヴス監督による“体感型”SFパニック・アクション映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi