松山ケンイチ、共演は「大事件」の木村拓哉&浅野忠信にインタビュー敢行 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月11日 > 松山ケンイチ、共演は「大事件」の木村拓哉&浅野忠信にインタビュー敢行
メニュー

松山ケンイチ、共演は「大事件」の木村拓哉&浅野忠信にインタビュー敢行

2017年1月11日 18:15

舞台挨拶に立った(左から) 武内結子、松山ケンイチ、菜々緒

舞台挨拶に立った(左から)
武内結子、松山ケンイチ、菜々緒
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 木村拓哉主演のTBSドラマ「A LIFE 愛しき人」のプレミアム試写会が1月11日、東京・日本医師会館大講堂で行われ、木村のほか、共演の竹内結子松山ケンイチ木村文乃菜々緒及川光博浅野忠信が舞台挨拶に立った。会場に集った400人の観客の中には医療関係者も招かれており、木村は「日本全国の現場で働くドクターの皆様に、キャスト全員尊敬の念を抱いています。自分たちにできる限りの表現をしていけたらと思います」と意気込みを述べていた。

これまでの作品で19個の職業を演じてきた木村が、20個目に選んだのは無限の努力を重ねる“職人外科医”。駆け出しだったころ、壇上記念病院を追われ単身渡米した外科医・沖田一光(木村)が、10年後、日本へ帰国。元恋人や沖田の追放を画策した親友、そして一癖も二癖もある医師や看護師らと関わり合いながら、「たったひとつの命を救いたい」という一心で突き進んでゆく。

撮影にあたり、実際の手術を見学したという木村は「本当に行っておいてよかった。実際に現場で医療に携わっている方たちには、作品のなかで描かれる空間、そして空気感に共感してもらえるはず」と力説。また、東京都医師会の会長・尾崎治夫氏に「沖田一光をひとりのドクターとして応援したい」というメッセージを受け取ったことを明かし「(心に)響きすぎまして…絶対にやり抜いてやろうと思いました」と語っていた。

沖田のライバル役・壇上壮大を演じた浅野が「このドラマがどうしたら自分の胸に届くものになるかを考え、木村さん、そしてスタッフの方々と徹底して打ち合わせをさせてもらった」と話すと、心臓血管外科医・井川颯太役の松山は「ずっと憧れていた木村さんと浅野さん、2人が同じ作品に出る。これは僕の中では大事件」と告白。「役者として最後まで2人の背中を追いかけていきたいと思います」と並々ならぬ決意を露わにしていた。

また、松山は撮影現場で共演者にインタビューをするのがブームのようで「木村さんは1聞いたら10以上の答えを返してくれる」と満面の笑み。そして司会者に「今、しますか?」とふられると、木村と浅野に対して「(出演シーンの)あれはどういう感情だったんですか?」と興奮気味に質問攻め。大笑いしながらも木村と浅野が丁寧な返答すると「お二方の演技はレントゲンじゃないです。MRIですよ! 本当に深くて、のぞきたくなる。だから大好きなんですよ!」と独特の言い回しで絶賛し、場内を盛り上げた。

「A LIFE 愛しき人」は、TBSで1月15日から毎週日曜午後9時から放送。初回は25分拡大放送となる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi