松山ケンイチ“ぽっちゃり”の方が好評?「嫁にも言われた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月19日 > 松山ケンイチ“ぽっちゃり”の方が好評?「嫁にも言われた」
メニュー

松山ケンイチ“ぽっちゃり”の方が好評?「嫁にも言われた」

2016年11月19日 13:55

初日挨拶に立った松山ケンイチと東出昌大「聖の青春」

初日挨拶に立った松山ケンイチと東出昌大
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松山ケンイチ主演で夭折の天才棋士・村山聖氏の生涯を描いた映画「聖の青春」が11月19日、全国159スクリーンで公開初日を迎えた。松山をはじめ共演の東出昌大リリー・フランキー柄本時生森義隆監督は、東京・丸の内ピカデリー1での舞台挨拶に立った。

第13回新潮学芸賞を受賞した、大崎善生氏の処女小説を映画化。難病「ネフローゼ」を患いながらも将棋に人生を捧げ、29歳の若さで死去した村山さんに外見を近づけるため、松山は体重を20キロ近く増やして撮影に臨んだ。

リリーは、元の体型に戻った松山と目が合うなり「本当に痩せたよね。ころころしている時の松山くんの方が好きだな」と凝視。松山が「よく言われるんですよね。嫁にも言われました。ただそのままだったら、村山聖役か相撲の力士か、二択しかなくなるんです」と応じると、なおも「順番にやっていけばいいじゃない」と無茶ぶりが飛んだ。松山は、「それで(仕事が)もてばいいですけどね。子どもが成人するまで」と苦笑いを浮かべていた。

この日は、村山さんの最大のライバルであった羽生善治三冠がゲストとして登壇。松山と自らを演じた東出に将棋初段の免状を授与するひと幕が見られた。外見・内面ともに研究し、将棋道場に通うなどして役作りに励んだ2人。免状を受け取ると「将棋っていう美しい世界で美しい生き方をされている方々からいただけたのが光栄です」(松山)、「完全に舞台挨拶とかを忘れて舞い上がっております」(東出)と喜びをかみ締めた。

2人の印象を問われた羽生氏は、「この作品を通じて村山さんのお姿を見ることができて嬉しかった」と感謝。さらに「自分が出てくるのはちょっと気恥ずかしい。普通、こういう作品だと死んでから出るっていうケースがあるので、生きて作品を見れたのは幸運だと思わなければいけないのかなと思いました」と場内の笑いを誘った。

本作を「一生に1本の作品」と公言する松山。初日を迎えた心境を問われると、「撮り終えて、思ってもいなかった景色を東出くんと見ることが出来た。村山さんと羽生さんが『見たことがない景色に一緒に行きたい』っていうシーンそのままを、ひとりの人間として見ることできた気がする」と振り返る。東出が目に涙を浮かべ耳をかたむけるなか、松山は「またあの景色は必ずみたいなと思う。人間としての原動力になった。村山さんと出会えて、愛することが出来て本当に幸せだなあと思います」と胸中を明かした。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi