竹内結子、背中パックリ&スリットドレスを“ドヤ顔”で披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月7日 > 竹内結子、背中パックリ&スリットドレスを“ドヤ顔”で披露
メニュー

竹内結子、背中パックリ&スリットドレスを“ドヤ顔”で披露

2016年4月7日 12:00

大胆なドレスで会場を魅了した竹内結子「殿、利息でござる!」

大胆なドレスで会場を魅了した竹内結子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]阿部サダヲを主演時代劇映画「殿、利息でござる!」の完成披露試写会が4月6日、東京・丸の内ピカデリー1で行われ、阿部をはじめ共演の瑛太妻夫木聡竹内結子寺脇康文きたろう千葉雄大橋本一郎中本賢西村雅彦の豪華キャスト陣と中村義洋監督が舞台挨拶に出席した。

紅一点の竹内は、背中がパックリと開き、深いスリットが入ったセクシーなドレスで登場。きたろうから「竹内さんのドレスの背中がすごく素敵なので、それしか見ていなかった」と振られると、ドヤ顔でポーズを決めて会場から喝さいを浴びていた。

今作は、江戸時代に困窮する町の将来を案じた実在した人物・穀田屋十三郎(阿部)ら9人の有志が藩に1000両(約3億円)を貸し、利子を全住民に配って貧困から脱出しようと奔走するさまを描いた。阿部は「皆の力でひとつのことを成し遂げたという映画。いい意味で皆さんの予想を裏切ってくれると思います」とアピール。中村監督は「こんなにやりたいことができた映画はそうそうない」と出来栄えに自信をのぞかせた。

また、登壇陣に「3億円あったらどう使う?」と質問が投げかけられると、阿部は「すごく現場が楽しかったので、このスタッフ、キャストの方たちと違う映画を作る足しにして恩返ししたい」とニッコリ。ほかの登壇者も「(今作の)チケットを3億円分買って皆さんに配ります」(瑛太)、「今作専用映画館を作りたい」(妻夫木)と作品愛をにじませた。

この日は、東京・有楽町マリオン1Fスペースでキャスト陣が募金を募る「ゼニ集めセレモニー」が行われた。突然現れた豪華俳優陣に現場は騒然となり、約500人が集まる賑わいを見せた。なお集まった募金は、今作の原作である磯田道史氏による評伝「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」のもとになった古文書「國恩記(こくおんき)」の保全のために使用されるという。

殿、利息でござる!」は、5月14日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi