ディズニー新作「ピートと秘密の友達」を手がけた新鋭監督デビッド・ロウリーとは : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月3日 > ディズニー新作「ピートと秘密の友達」を手がけた新鋭監督デビッド・ロウリーとは
メニュー

ディズニー新作「ピートと秘密の友達」を手がけた新鋭監督デビッド・ロウリーとは

2017年1月3日 19:00

「ピートと秘密の友達」の一場面「セインツ 約束の果て」

「ピートと秘密の友達」の一場面
(C)2016 Disney Enterprises, Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「セインツ 約束の果て」注目を集めたデビッド・ロウリーが監督を務めたディズニー映画「ピートと秘密の友達」が公開中だ。ロウリー監督は本作のみならず、名作アニメ「ピーター・パン(1953)」の実写版でもメガホンをとることが決定しており、今後のディズニー作品を担う存在として注目を集めている。

本作は、1977年に公開されたディズニーのミュージカル映画「ピートとドラゴン」を、最新の映像技術を駆使してリメイクしたもの。事故で両親を失った少年と心優しいドラゴンの交流を描く。

ロウリー監督は、2013年に米バラエティが選ぶ「注目すべき監督10人」の1人に選出され、同年に発表した「セインツ 約束の果て」が多くの映画ファンに支持された新鋭。本作でタッグを組むディズニーに対しては「子供のころからディズニー作品はいろいろと見てきたんだ。特に、『リトルマーメイド』のアリエルに恋をしたよ。あの映画は僕が8歳の頃に公開されたんだけど、死ぬほど大好きだったね。ほかには『美女と野獣』や『ピノキオ』も、とても好きな映画だよ」と深い愛情をのぞかせる。そのうえで、「『きつねと猟犬』は本作を作るために見直したよ。この映画は、キツネと犬の友情物語だからね。参考になる作品として会議の中で何度も上がったタイトルだよ」と本作の製作を振り返った。


画像2

[拡大画像]

さらに、ディズニーと再タッグを組む実写版「ピーター・パン」については、「有難いことに彼ら(ディズニーのスタッフ)は僕と仕事をすることを気に入ってくれたんだ」と同社との関係を明かし、「『ピーター・パン』は、大胆で新しく、美しいものになると思うよ。それでいて、人々が見たいと思うようなピーターパンなんだ。そのパーフェクトなバランスを見つけようとしているんだ。きっと素晴らしいものになると思うよ」と自信をのぞかせた。

映画初主演のオークス・フェグリーをはじめ、ブライス・ダラス・ハワードロバート・レッドフォードらが出演する「ピートと秘密の友達」は、全国で公開中。

(映画.com速報)
セインツ ―約束の果て―[Blu-ray/ブルーレイ] セインツ ―約束の果て―[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,809 「ドラゴン・タトゥーの女」「ソーシャル・ネットワーク」のルーニー・マーラが自身初の母親役に挑み、米テキサスの荒涼とした大地を背景に、罪を背負った男女の愛を描いたドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi