高畑充希、躍進の1年称えられ満願「とと姉ちゃんになれて良かった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月24日 > 高畑充希、躍進の1年称えられ満願「とと姉ちゃんになれて良かった」
メニュー

高畑充希、躍進の1年称えられ満願「とと姉ちゃんになれて良かった」

2016年11月24日 16:05

授賞式に出席した高畑充希

授賞式に出席した高畑充希
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ファッション誌「VOGUE JAPAN」が、その年に目覚ましい活躍を見せた女性に贈る「Women of the Year 2016」が11月24日発表され、女優の木村佳乃安藤サクラ高畑充希、お笑いタレントの渡辺直美、芥川賞作家の村田沙耶香さん、リオ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵が都内のホテルで行われた授賞式に出席した。

木村は米ニューヨークに住んでいた10代の頃から同誌を愛読していたそうで、「毎月買って読むのが楽しみな雑誌で、まさか自分が頂けるとは。とてもうれしい」と喜びをかみしめた。今年はNHK大河ドラマ「真田丸」をはじめ、フジテレビのドラマ「僕のヤバイ妻」での怪演が注目され、バラエティ番組の司会にも挑戦。私生活では2人の娘の母としても奮闘しており、「毎日毎日悩み、壁にぶつかりながら1歩1歩前に進んでいる感じで、まだまだ駆け出しですが、子供たちの寝顔を見ると疲れも吹っ飛ぶ。母親になれた喜びを感じています」と話した。

NHK朝のテレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロイン、映画「植物図鑑」で共に初主演を務め躍進が目立った高畑は「おしゃれな賞で、自分のことじゃないような不思議な感じですが、この賞に恥じないよう格好いい、いい女になれるよう頑張っていきます」と気持ちも新た。「女性に生まれて良かったと思った瞬間は?」という質問には、「“とと姉ちゃん”になれたことですね。女性でないと姉ちゃんにはなれないので」と答え、笑わせた。

さらに安藤が、同じ質問に「めいっ子がオッパイが好きで、もちろん姉(安藤桃子監督)のが一番ですけれど、母(安藤和津さん)のはビンテージを過ぎているのでダメで、もちろん父(奥田瑛二)もダメ。そんな時になついてくれるので、オッパイがあって良かった」と珍回答。それでも「今までは生き物としてどう進化するかということを考えていたけれど、30歳になって女性としてどう変化するかを考えるようになった。その節目に頂けた賞なので、すごく心強く背中を押された気がします」と笑顔で語った。

渡辺はニューヨーク、ロサンゼルス、台湾での世界ツアーに挑み、「けっこう周りを無視してやりたいことをやったけれど、見てくれる方がいて突っ走ってきたことは間違いじゃなかったことが分かった」と満面の笑み。「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した村田さんは10月からコンビニのバイトに“復帰”し、来年刊行予定の小説を2冊同時に執筆中という多忙ぶりだが、「初めてのことなのでちょっと心配ですが、手を抜くことなく今までと同じ力量で仕上げたい」と意欲を見せた。

金藤は「競泳は日焼けなので」と、水着の跡が残る背中を大胆に見せるドレスで登場し「普段はないことなので新鮮。あらためて頑張ってきて良かった」と照れ笑い。小池百合子東京都知事とバレエダンサーの高田茜も受賞したが、スケジュールの都合で欠席。小池知事からは「ますます日本の女性がキラキラ輝けるようになれば」というビデオメッセージが届いた。

また、今後の活躍が期待される女性としてモデルの福士リナが「Rising Star of the Year 2016」に選ばれた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi