ひき逃げ事故を境に交錯する欲望 ダビッド・ディ・ドナテッロ受賞サスペンス、予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月29日 > ひき逃げ事故を境に交錯する欲望 ダビッド・ディ・ドナテッロ受賞サスペンス、予告完成
メニュー

ひき逃げ事故を境に交錯する欲望 ダビッド・ディ・ドナテッロ受賞サスペンス、予告完成

2016年6月29日 17:00

「人間の値打ち」の一場面「人間の値打ち」

「人間の値打ち」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、最優秀作品賞など7部門を制したサスペンス「人間の値打ち」の予告編が完成した。

伊ミラノ郊外のリゾート地コモ湖を舞台に、パオロ・ビルツィ監督がひき逃げ事件をめぐって交錯する2組の家族の欲望と運命を描く。

不動産業を営むディーノは、上流階級へのあこがれから借金を抱え危険なファンドに手を出す。投資家ジョバンニの妻カルラは富豪の妻であることに息苦しさを感じ、ディーノの娘セレーナはジョバンニの息子と付き合いながらも愛に迷っていた。それぞれが行く先に悩むなか、ひき逃げ事故が発生する。

予告編はディーノ、カルラ、セレーナの視点からそれぞれの問題や人間関係をあぶり出していく。事故の夜、誰と誰が一緒にいたのか。真実を知るものは誰なのか。「あなたの幸せはいくらですか」という問いかけとともに、謎が深まっていく。

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏は、「『人間の値打ち』というタイトルの深遠なる意味が映画を見終わった瞬間ドスンと胸に落ちる。ミラノ郊外コモ湖のほとりで上流、中流、下流各層の人々が紡ぎ出す欲望と愛と真実の物語。現代日本にもあてはまる」とコメントを寄せている。

ファブリッツィオ・ベンティボリオバレリア・ブルーニ・テデスキバレリア・ゴリノらイタリアの名優が結集した。「人間の値打ち」は、10月8日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi