東出昌大&池松壮亮、銃口を向け合う…「デスノート」衝撃場面カット公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月23日 > 東出昌大&池松壮亮、銃口を向け合う…「デスノート」衝撃場面カット公開
メニュー

東出昌大&池松壮亮、銃口を向け合う…「デスノート」衝撃場面カット公開

2016年6月23日 07:00

複雑な2人の関係性の行方は…!?「デスノート Light up the NEW world」

複雑な2人の関係性の行方は…!?
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」の新たな場面カットが、初公開された。デスノート対策本部特別チームのエース捜査官・三島創(東出昌大)と、Lの後継者で探偵の竜崎(池松壮亮)が、互いの額に銃口を向け合う衝撃的なシーンを切り取っている。

映画の舞台は、デスノートを利用した大量殺人を犯したキラこと夜神月と、世界的名探偵Lとの命をかけた対決から10年後の世界。Lを研究しつくした秀才・三島創と、Lの遺伝子を受け継ぐ天才・竜崎、そしてサイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)がデスノート争奪戦を繰り広げる。


画像2

[拡大画像]

このほど公開されたのは、 世界中に散らばった6冊のデスノートを封印するという同じ目的を持ちながらも、ただの“仲間”ではない2人の関係性を表す2枚。「俺が信用できないなら撃てばいい」というセリフとともに、三島の持つ拳銃をあえて自らの額に当てさせる竜崎と、今にも撃ち放たれそうな勢いで銃口を向けられる三島という緊迫した状況が収められているが、2人の表情はあくまで冷静だ。互いをけん制し合う三島と竜崎、どちらが先にデスノートに辿り着くのか、ライバル関係の行方も見どころのひとつとなりそうだ。

デスノート Light up the NEW world」は、大場つぐみ氏・小畑健氏による大ヒットコミックの実写映画化シリーズの続編を、原作にはない完全オリジナル脚本で描く。東出、池松、菅田と戸田恵梨香川栄李奈船越英一郎中村獅童(声の出演)らが共演。佐藤信介監督がメガホンをとる。10月29日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi