中村獅童、再び死神・リュークに!「デスノート」続投決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月15日 > 中村獅童、再び死神・リュークに!「デスノート」続投決定
メニュー

中村獅童、再び死神・リュークに!「デスノート」続投決定

2016年4月15日 08:00

表情も“中村獅童”バージョンに!「デスノート the Last name」

表情も“中村獅童”バージョンに!
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌舞伎俳優の中村獅童が、「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート 2016」で死神・リュークの声を再び担当することがわかった。あわせて、フェイシャルキャプチャー技術で中村の表情が反映された、リュークのビジュアルもお披露目された。

中村は映画「デスノート」「デスノート the Last name」「L change the WorLd」、さらには連続アニメ「DEATH NOTE」(2006~07)で同役の声を演じており、今シリーズには欠かせない存在だ。「原作が大好き」という中村は、続投の決定に「思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです」と喜びのコメントを寄せている。

佐藤貴博プロデューサーは、中村の参加決定に「新キャスト・スタッフたちをうまく『デスノートワールド』に誘ってくれてるので、本当に感謝しております」「獅童リュークの決定版となること間違いなしです!」と歓喜。また、なぜリュークが再び人間界にデスノートをもたらすのか、前作での夜神月とLの戦いをどのように捉えていたのかが、今作のストーリー展開の重要なカギになっていると明かしている。

公開されたリュークの画像は、黒い羽根に白い肌というおなじみのものだが、VFX技術の進歩により肌や髪、羽、皮の質感などのリアリティが増していることが確認できる。10年前には技術的に描けなかった細かい傷や血管、筋肉のくぼみなどが、“死神”らしい不気味さを感じさせる仕上がりとなっている。

「デスノート 2016」は、大場つぐみ氏・小畑健氏による大ヒットコミックの実写映画化シリーズの続編を、原作にはない完全オリジナル脚本で描く。原作に登場しながらこれまで使用されなかった「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」という“6冊ルール”を基軸に、デスノートをめぐる争奪戦が巻き起こる。東出昌大池松壮亮菅田将暉をはじめ戸田恵梨香川栄李奈らが共演した。10月29日から東京・丸の内ピカデリーほか全国で公開。

DEATH NOTE デスノート-5th Anniversary...[Blu-ray/ブルーレイ] DEATH NOTE デスノート-5th Anniversary...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,582 公開5周年を記念して、映画「DEATH NOTE デスノート」と後編「DEATH NOTE デスノート the Last name」をセットにしたBlu-ray BOX!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi