「ザ・フー」メンバーが「さらば青春の光」37年ぶりの続編を批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月16日 > 「ザ・フー」メンバーが「さらば青春の光」37年ぶりの続編を批判
メニュー

「ザ・フー」メンバーが「さらば青春の光」37年ぶりの続編を批判

2016年6月16日 17:00

「さらば青春の光」劇中カット「さらば青春の光」

「さらば青春の光」劇中カット
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英ロックバンド「ザ・フー」のアルバム「四重人格」(1973)を下敷きにした、1979年のイギリス映画「さらば青春の光」(原題はいずれも「Quadrophenia」)の続編が37年ぶりに製作されると、先日報じられた。ザ・フーのお墨付きを得ているとのことだったが、同バンドのメンバーらがそれに反論している。

さらば青春の光」は、1960年代の英ロンドンとブライトンを舞台に、自分の道を模索する若者グループ、モッズとロッカーズの対立を描いたストーリー。ポリス時代初期のスティングが、モッズのエース役で映画デビューした作品としても知られる。

ロンドン・ドッグス」のレイ・バーディスがメガホンをとる続編は、オリジナル映画版にインスパイアされた英作家ピーター・メドウズの小説「To Be Someone」を原作に、主人公のモッズのジミーの現在を描き、ジミー役のフィル・ダニエルズを始め、トーヤ・ウィルコックスマーク・ウィンゲットトレバー・レアードらオリジナルキャストが復帰すると伝えられている。

続編製作を報じた英ミラー紙は、「ザ・フーピート・タウンゼントも原作小説および続編を承認している」というバーディスの言葉を引用していたが、タウンゼントとボーカルのロジャー・ダルトリー、オリジナルのプロデューサーでザ・フーのマネージャーでもあるビル・カービシュリーはこのほど声明を発表してそれを否定。続編は、「『さらば青春の光』のカルト的人気を利用した、あからさまな金儲け企画」だと一蹴した。

声明にはまた、「『さらば青春の光』は、ザ・フーの音楽に基づいた、大きな意味と影響力を持つモッズ映画の決定版であり、その続編の正当な作り手は、オリジナル版の作者たち以外にはいない。この“カラオケ”続編にはザ・フーの音楽や歌詞は一切使用されない」とあり、ザ・フーが続編をまったく支持していないことを強調している。

さらば青春の光[Blu-ray/ブルーレイ] さらば青春の光[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 イギリスのロック・バンド、ザ・フーのアルバム『四重人格』をベースにした青春ドラマ。モッズのファッションに身を包みスクーターに乗る怒れる若者たちの、行き場のない焦燥感と夢と挫折を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi