宮沢りえ「ジャングル・ブック」で実写吹き替えに初挑戦!母性あふれるオオカミに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月8日 > 宮沢りえ「ジャングル・ブック」で実写吹き替えに初挑戦!母性あふれるオオカミに
メニュー

宮沢りえ「ジャングル・ブック」で実写吹き替えに初挑戦!母性あふれるオオカミに

2016年6月8日 04:00

宮沢りえが愛情深い母オオカミに!「ジャングル・ブック」

宮沢りえが愛情深い母オオカミに!
(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の宮沢りえが、ウォルト・ディズニーの「ジャングル・ブック」で実写映画の日本語吹き替えに初挑戦することがわかった。主人公の少年モーグリの母親代わりとなり、深い愛を注ぐオオカミ・ラクシャの声を担当する。

宮沢は、ディズニーからのオオカミ役でのオファーに「『ジャングル・ブック! 実写化! 絶対やる!!』と、なんかもうホップ! ステップ! ジャンプ! くらいな勢いでためらいはなかったです」と歓喜。自身も母親であることから、「(娘に)博愛的な愛情を日常のなかで注いでいる毎日なので、そういう意味ではラクシャの愛の深さは理解できました」「強いものとか権力のあるものへの正義感、弱いものを守る正義感は、もしかしたら私と共通する所があるかもしれません」と役に共感するコメントを寄せている。

また、今作のテーマのひとつである「生きる力」について「私の生きていく上での原動力は好奇心と愛」と言い、「好奇心と愛に満たされていれば、どんな世界でも生きていけると思います。結構ワイルドな生活は好きなので、(ジャングルの中でも)意外といけると思いますよ(笑)」と茶目っ気たっぷりに語った。

ジャングル・ブック」は、「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブローが監督を務め、動物たちに育てられたモーグリの成長を通して、自然のおきてと、雄々しく生きるものたちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを描いたエンタテインメント巨編。動物たちはすべてCGで描かれており、ハリウッドを代表する豪華俳優、女優陣が声優として参加した英語版では、「それでも夜は明ける」(2013)でアカデミー助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴがラクシャに声を吹き込んだ。8月11日から全国で公開。

ジャングル・ブック ダイヤモンド・コレクション MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ジャングル・ブック ダイヤモンド・コレクション MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 ノーベル文学賞受賞作家ラドヤード・キプリング原作のアニメ「ジャングル・ブック」!ジャングルでオオカミに育てられた少年モーグリが、動物の仲間との触れ合いや様々な出来事を通して成長していく姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi