沢村一樹の瞳に光る涙… 「希望ヶ丘の人びと」ポスター披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月7日 > 沢村一樹の瞳に光る涙… 「希望ヶ丘の人びと」ポスター披露
メニュー

沢村一樹の瞳に光る涙… 「希望ヶ丘の人びと」ポスター披露

2016年6月7日 08:00

ヒューマンドラマの名手・重松清氏の小説が原作「神様のカルテ」

ヒューマンドラマの名手・重松清氏の小説が原作
(C)WOWOW
[拡大画像]

[映画.com ニュース]沢村一樹が主演する「連続ドラマW 希望ヶ丘の人びと」のポスタービジュアルが、このほどお披露目された。妻を失った悲しみから立ち直るためにニュータウン「希望ヶ丘」へ移住してきた田島(沢村)が、娘・美嘉(桜田ひより)、息子・亮太(二宮慶多くん)と寄り添う姿をとらえている。3人の瞳は涙でぬれているが、その表情から未来に向けた強い意志を感じさせる仕上がりとなった。

「とんび」「流星ワゴン」などで知られる作家・重松清氏の小説を基に、「神様のカルテ」シリーズの深川栄洋監督と「世界から猫が消えたなら」の脚本家・岡田惠和がタッグを組みドラマ化。亡き最愛の妻の故郷・希望ヶ丘に引っ越してきた田島が、2人の子どもやユニークな近隣住民たちとの新生活を通じ、再生していく姿を描いた。

原作小説に「子どもの『もしも』は未来に向いている。でも、おとなの『もしも』は過去にしか向かわない」と記されているように、今作は「子どもの未来」というテーマが内包されている。空回りしながらも子育てに奮闘する役どころの沢村は、「子どもをおんぶしたり、肩車したり……。スキンシップを取ることが、家族にとってどんなに大切なことなのか、実感しながら子どもたちとぎゅっと近づいて、ポスターの撮影に臨みました」と振り返っている。

またポスターの題字は、亮太役の慶多くんが筆を取り書き上げている。「連続ドラマW 希望ヶ丘の人びと」は、和久井映見が妻・圭子役、寺脇康文が圭子の初恋相手である伝説の不良役を演じる。7月16日から毎週土曜午後10時にWOWOWで放送。全5話で、第1話は無料放送される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi