重松清原作を映画化。友情が胸に染みる「きみの友だち」で一青窈が号泣 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月10日 > 重松清原作を映画化。友情が胸に染みる「きみの友だち」で一青窈が号泣
メニュー

重松清原作を映画化。友情が胸に染みる「きみの友だち」で一青窈が号泣

2008年7月10日 12:00

心を許せる友だちは宝物「きみの友だち」

心を許せる友だちは宝物
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・重松清の同名原作を「ヴァイブレータ」「やわらかい生活」の廣木隆一監督が映画化した「きみの友だち」のプレミア試写会が、7月9日、東京・新宿の明治安田生命ホールにて行われ、廣木監督、主演の石橋杏奈北浦愛、共演の吉高由里子福士誠治柄本時生、華恵、主題歌を担当する一青窈が舞台挨拶を行った。

原作は、第4回王様のブランチBOOK大賞を受賞するなど読者から熱い支持を受ける重松清の長編小説。映画は、交通事故の後遺症が原因で自分の殻に閉じこもってきた恵美(石橋)と幼い頃から病弱だった由香(北浦)の固い絆、彼女たちを取り巻く人々の日常を繊細なタッチで描いた青春ドラマで、本日登壇したキャストの他に、柄本明田口トモロヲ大森南朋らベテラン俳優陣が脇を固めている。

映画初出演にして初主演となる石橋は、自身の友だちにまつわるエピソードを聞かれると「福岡から上京する時、早めに空港に行ったのにそれよりも前にたくさんの友だちが空港に駆けつけていたことにすごく感動した」と話し、北浦も「友だちは時間と距離を超える」と友情について熱く語った。また、一青窈は「試写を見て号泣した。学生時代に戻って昔の友だちに会いたくなるような映画。友だちは雲のようにただそこにいる存在で、歌のキーワードにもなっている」と主題歌について話した。

柄本が「実はまだ映画を見ていない。皆が言うようにきっといい映画なのでしょう」と暴露する一幕もあったが、監督は「この映画が皆さんの友だちのような存在になってくれればうれしい」と集まった観客にメッセージを送った。

きみの友だち」は7月26日から全国順次ロードショー。

きみの友だち[DVD] きみの友だち[DVD] 最安価格: ¥3,201 “かけがえのない絆”を描いた、直木賞作家・重松清の傑作長編を「機関車先生」の廣木隆一監督が映画化!
100回泣くこと[Blu-ray/ブルーレイ] 100回泣くこと[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 運命の再会を果たした男女の、最高に切なく美しいラブストーリー!監督:廣木隆一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi