「クリーピー 偽りの隣人」タイトル通りの不気味さ漂う劇中カット7点公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月11日 > 「クリーピー 偽りの隣人」タイトル通りの不気味さ漂う劇中カット7点公開
メニュー

「クリーピー 偽りの隣人」タイトル通りの不気味さ漂う劇中カット7点公開

2016年5月11日 12:30

「クリーピー 偽りの隣人」場面写真が一挙公開「クリーピー 偽りの隣人」

「クリーピー 偽りの隣人」場面写真が一挙公開
(C)2016「クリーピー」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒沢清監督が西島秀俊竹内結子香川照之ら豪華キャストを迎えて描いた「クリーピー 偽りの隣人」の新たな劇中カット7点が公開された。

作家の綾辻行人氏が「展開の予想できない実に気味の悪い物語」と称賛し、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕氏の小説を映画化したサスペンススリラー。タイトルの「クリーピー(Creepy)」は、気味が悪く、ぞっとする様を意味するが、公開された劇中カットにも、どこか「クリーピー」な様子が漂っている。

6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼された元刑事で犯罪心理学者の高倉(西島)は、妻の康子(竹内)と共に引っ越した新居で、隣に暮らす西野(香川)、妻、娘の一家に違和感を抱く。そんなある日、高倉の家に西野の娘・澪(藤野涼子)が駆け込んできて、西野は全くの他人だという驚くべき事実を打ち明ける。

昨年「岸辺の旅」で第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢監督の最新作ということもあり、海外からの注目が高く、今年2月の第66回ベルリン国際映画祭に正式出品。第40回香港国際映画祭ではクロージング作品にも選ばれた。

新たに公開された写真は、高倉の家で隣人・西野と娘・澪が共に食事をするシーンをはじめ、高倉が妻・康子を抱きしめる場面、澪が高倉に「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と訴える重要なカットが盛り込まれている。ほかのカットでも、何が起こるかわからない不気味さを漂わせる、本編の雰囲気を伝えている。

クリーピー 偽りの隣人」は6月18日から全国公開。

岸辺の旅[Blu-ray/ブルーレイ] 岸辺の旅[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,801 愛する人との永遠の別れを描く、究極のラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi