西島秀俊主演「クリーピー」、7つの映画祭に出品&9の国と地域で配給決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月26日 > 西島秀俊主演「クリーピー」、7つの映画祭に出品&9の国と地域で配給決定!
メニュー

西島秀俊主演「クリーピー」、7つの映画祭に出品&9の国と地域で配給決定!

2016年4月26日 21:05

舌戦を繰り広げた西島秀俊、竹内結子ら「クリーピー 偽りの隣人」

舌戦を繰り広げた西島秀俊、竹内結子ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒沢清監督、西島秀俊主演のサスペンス「クリーピー 偽りの隣人」のジャパンプレミアが4月26日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、西島をはじめ、共演の竹内結子川口春奈東出昌大香川照之、黒沢監督が出席した。

この日は、第66回ベルリン映画祭、第40回香港国際映画祭に続き、ウディネ・ファーイースト映画祭、シアトル国際映画祭、ニッポンコネクション、ニューヨークアジア映画祭、台北映画祭、ファンタジア国際映画祭、プチョン国際ファンタスティック映画祭への出品が決定したことが発表された。ニッポンコネクションでは、黒沢監督に功労章が授与されるという。さらにフランス、イギリス、アイルランド、韓国、香港、台湾、中国、トルコ、ブラジルでの公開も決定した。

撮影時の思い出を問われると、西島は「若手の方は初めてだったので、僕も緊張してたんですけど、東出君に最初の日に会った時に座り方が…」といい、無表情でうなだれる現場の東出を再現。「『大丈夫かな?』と思いながら話しかけたら、『普段はものすごく話すタイプなんですけど、今回は役づくりで話さないことにしているんです、すみません』って。最後まで役に集中されていて。だから、今日やっとお話しできたっていう(笑)」と告白。会場が爆笑するなか、東出は「黒沢監督の作品にはいろんな奇妙なキャラクターが出てきますが、自分もそういう役をやりたいって思ったのですが、普段の感じだとそぐわないないと思って。だから『先輩に対して申し訳ないんですけど、ごめんなさい』とお話しして」と照れ臭そうに明かした。

作品タイトルとかけて、「登壇陣のなかで隣人に住んでほしい人は誰か?」という質問があがると、西島は「竹内さん。差し入れとかいっぱいくれるじゃない。お隣に住んだら、ごはんとか食べさせてくれるのかな」。これに対し、竹内は「お家でラ王とか食べたらいいじゃないですか」と切り返し、会場を笑わせた。一方、川口が「私は東出さん。守ってくれそうだから」と答えると、香川が「でもしゃべってくれないよ」と指摘。西島が「あれは、役づくりですよ」とフォローすると、東出は「僕は西島さん。守ってくれそうだから(笑)」と即答していた。

日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕氏の小説を映画化。6年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者が、奇妙な隣人への疑惑と不安から深い闇へとひきずりこまれていく恐怖を描く。「クリーピー 偽りの隣人」は、6月18日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi