黒沢清監督「仕事がなくなった」ことが転機に “原作もの”映像化に進出した経緯を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月7日 > 黒沢清監督「仕事がなくなった」ことが転機に “原作もの”映像化に進出した経緯を告白
メニュー

黒沢清監督「仕事がなくなった」ことが転機に “原作もの”映像化に進出した経緯を告白

2016年5月7日 22:50

黒沢清監督「クリーピー 偽りの隣人」

黒沢清監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 西島秀俊主演「クリーピー 偽りの隣人」のメガホンをとった黒沢清監督と、共同脚本を手がけた池田千尋が5月7日、東京・アップルストア銀座で行われたイベント「Meet The Filmmaker」に出席。東京藝術大学で師弟関係にあった2人が、「脚本」「原作ものの映像化」を軸にトークを繰り広げた。

日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した、前川裕氏の小説「クリーピー」を実写映画化。オリジナルの名作を数多く生み出した黒沢監督だが、“原作もの”を映像化するようになったのは「『トウキョウソナタ』のあと、全然仕事がなくなった」からだという。「いくつか企画を立てて脚本も書いていたんですが、どれもうまくいかず、4~5年くらい仕事がなかった。こんなことしていたらダメだと思った」と当時を振り返ったが、2012年に湊かなえ氏の小説「贖罪」をWOWOWでドラマ化したことに言及し「たまたま話が来て、『ありがたい、何でもやります』と引き受けた。仕事に徹さねばということでやらせていただいたら、これが実に楽しかった」と転機を告白した。

さらに黒沢監督は、「『贖罪』は作品としても好評を得まして、それ以来どうしたことか、原作ものの依頼が来るようになった」と打ち明け、「僕も楽しかったので、可能な限り引き受けて、今日があります」とニッコリ。同作以降、監督作のほとんどが原作ものであるだけに、「最初からやっていればよかった」とジョーク交じりに語る。

今作は、犯罪心理学者が奇妙な隣人への疑惑と不安から、深い闇へとひきずりこまれていく恐怖を描いている。原作の世界観を残すか否かは常に議論の対象となるが、池田によると今作は「軸は残しているんですが、大きく変わっている」という。原作の前川氏とは脚本執筆の初期段階ですり合わせをしたそうで、「すでに結構変わっていたんですが、前川先生は『基本的にお任せします。黒沢清監督がどう映画化してくれるのか楽しみだ』と言っていました。それで許された気分になり、ぐんぐん変えていきました」と説明した。

また今作の製作経緯に触れ、黒沢監督は「プロデューサーが、とにかく脚本を池田千尋に書かせたいと。最初から池田つきでやらせていただきました」と告白。それでも「願ってもないこと」とタッグを喜び、「彼女は映画監督。自分の脚本を書くことがあっても、人のを書くことはないと思っていた。大学の時も池田の脚本や文を読んでいて、書ける人だと思っていた」と大きな信頼を寄せていた。「クリーピー 偽りの隣人」は、6月18日から全国で公開。

トウキョウソナタ[DVD] トウキョウソナタ[DVD] 最安価格: ¥4,071 普通に暮らしていたはずなのに、気付いたら家族みんながバラバラに…。巨匠・黒沢清監督が現代日本の家族を映し出した、“家族の繋がり”を見つめなおすことが出来るドラマ。
贖罪 DVDコレクターズBOX〔初回生産限定〕[DVD] 贖罪 DVDコレクターズBOX〔初回生産限定〕[DVD] 最安価格: ¥7,212 神が許しても、私は許さない。湊かなえ×黒沢清×小泉今日子が放つ、極限エンターテイメント!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi