武田梨奈、残虐ホラー作で“女の魅力”発揮「男性を誘惑するシーンが多かった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月22日 > 武田梨奈、残虐ホラー作で“女の魅力”発揮「男性を誘惑するシーンが多かった」
メニュー

武田梨奈、残虐ホラー作で“女の魅力”発揮「男性を誘惑するシーンが多かった」

2016年3月22日 20:05

キャバ嬢役に挑んだ武田梨奈「ドクムシ」

キャバ嬢役に挑んだ武田梨奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  「E★エブリスタ」に投稿されたネット小説を実写化したホラー映画「ドクムシ」の完成披露試写会が3月22日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演した村井良大武田梨奈、共演の秋山真太郎、メガホンをとった朝倉加葉子監督が舞台挨拶に出席した。

監禁された7人の男女が互いに殺し合う“デスゲーム”に巻き込まれた大学生・レイジ(村井)らが、理性を失いながら脱出しようともがく姿を描いた。武田は、極限状態で“女性の魅力”を発揮するキャバクラ嬢・アカネ役に挑戦。撮影を「女を武器にして男性を誘惑するシーンが多かった」と振り返り、たくましく生き抜く役どころだっただけに「女性ってすごい」と感嘆の声を上げた。

一方で村井は、もう1人の主役・レイジの性質を「その辺にいそうな普通の大学生。率先してリーダーシップをとるわけでもなく、怯えるでもなく(狂気に)流されていく」と説明し、「すごく弱い存在だと思って演じていました」と込めた思いを語る。そして自称・新聞記者のユキトシに扮した秋山は、「登場人物はみんな闇を抱えていますが、僕も相当闇を抱えている役です」と、ネタバレを避けるため慎重な言葉選びで語った。

昨年6月に行われた撮影は、光が入らない廃校の一室で行われた。村井は「太陽の光も入らない。撮影中は本当に真っ暗で、昼夜もわからなくなっていたし、自分の気持も落ちていきました」と吐露し、武田も「早朝から深夜まで撮影することも多く、1週間、丸々日を浴びていない状態だった。みんな、感覚がおかしくなっていました」と過酷な状況だったことを明かした。

さらに武田は、ストイックな役作りを敢行した秋山に最敬礼。「1週間ほぼ食べ物を口にしていなくて、後半はフラフラでしたよね」と尊敬の眼差しを向ける。すると秋山は、謙そんしつつも「食べてはいましたが、水だけしか飲めないという設定だったので。倒れて迷惑をかけてはいけないので、水だけは飲むようにしていました」と事も無げに告白していた。

ドクムシ」は、4月9日から新宿ピカデリーほかで2週間限定公開。「ニコニコ動画」のネットシネマでも、同日から上映される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi