勘九郎主演「真田十勇士」撮了 堤幸彦監督、松坂桃李に「馬と並走して」と無茶ぶり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月17日 > 勘九郎主演「真田十勇士」撮了 堤幸彦監督、松坂桃李に「馬と並走して」と無茶ぶり
メニュー

勘九郎主演「真田十勇士」撮了 堤幸彦監督、松坂桃李に「馬と並走して」と無茶ぶり

2016年3月17日 17:03

映画「真田十勇士」がクランクアップ会見「真田十勇士」

映画「真田十勇士」がクランクアップ会見
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2014年に日本テレビ開局60年を記念して上演された舞台を映画化する「真田十勇士」のクランクアップ報告会見が3月17日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の中村勘九郎をはじめ共演の松坂桃李大島優子加藤雅也大竹しのぶ、メガホンをとった堤幸彦監督らが出席した。

迫力のアクションや頭脳戦、堤監督ならではのユーモアが融合したエンタテインメント大作。中村が演じた十勇士随一の策士・猿飛佐助は、ラッキーだけで“天下の名将”にのぼり詰めたヘタレすぎる真田幸村を、自身の大嘘で本物の名将に仕立てあげるという役どころだ。

14年版の舞台でも主演した中村は、その公演中を振り返り「(演出を手がけた)堤監督に『映画にしてください』と冗談で言っていたら、本当にそうなった」と明かし、そして2カ月半に及び、約1万5000人のエキストラを投入した今作の撮影を、「時代劇、戦国ものということである程度は覚悟していましたが、撮影は予想以上の大変さだった」と説明。「セットも豪華で、ロケ地も広大。夢のような2カ月半でした」と感慨深げにクランクアップを報告した。

佐助とともに十勇士に加わる忍者・霧隠才蔵役の松坂は、「空を飛んだり敵陣に突っ込んだり、少年漫画を地で行く動きの連続だった」とアクションの苦労を明かす。さらに、堤監督の演出に言及し、「『馬と並走してください』と言われ、何を言っているんだろうと思った。『馬と同じスピードは無理ですよ?』と言ったら、『大丈夫です。やってみてください。あと忍者なので、腕は絶対に振らないでください』と。不可能を可能にする監督だと思いました」と苦笑しながら告白。一方の中村は、「佐助自身が飛ぶシーンはなかったのですが、松坂くんに抱えられて飛ぶというシーンがあり、すごく心地よかったです」とうっとりと語っていた。

また、才蔵に淡い恋心を抱くくノ一・火垂役の大島は、ワイヤーアクションに初挑戦。木を垂直に伝って下降するシーンがあったそうで、「堤監督は何でも私にやらせるんです。そんな経験は、今後一切もないと思う。初めてのチャレンジで、幅が広がったと思います」と話すと、堤監督は「完璧でした。木を縦に走る女優は、あなたしかいない。今後そういうオーダーが来ますよ」と太鼓判を押していた。

今作では、舞台版と映画版を同時期に上演・公開する史上初のプロジェクトが始動しており、統括する堤監督は「舞台は映画を上回るものにしたいし、映画はできうる最高峰のものを狙っていきたい。パワーを叩きつけるものにしていきます」と熱く意気込んだ。会見には、永山絢斗加藤和樹高橋光臣石垣佑磨駿河太郎村井良大荒井敦史青木健も出席した。映画「真田十勇士」は現在編集中で、9月22日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi