「スピードワゴン」小沢、「アーロと少年」前日譚の朗読を披露し“世界の小沢”宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月14日 > 「スピードワゴン」小沢、「アーロと少年」前日譚の朗読を披露し“世界の小沢”宣言
メニュー

「スピードワゴン」小沢、「アーロと少年」前日譚の朗読を披露し“世界の小沢”宣言

2016年3月14日 15:51

「スピードワゴン」の小沢一敬「アーロと少年」

「スピードワゴン」の小沢一敬
[拡大画像]

[映画.com ニュース]お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬が3月14日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われた、ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作「アーロと少年」の大ヒット記念イベントに出席した。

小沢は、劇中で主人公アーロのバディ(相棒)となる少年スポットの過去を絵本風につづった特別映像「アーロと少年 エピソード0」の朗読を担当しており、この日は客席に向けて読み聞かせを披露。緊張の面持ちで読み終えると、「映画を見た方は、スポットは強くてやんちゃな少年だと思ったでしょうが、エピソード0から見ると成長したのだと分かったと思う」と呼びかけた。さらに同作がピクサー公認作品ということもあり、司会から「ピクサー関連作品に関わられたということで、世界進出も?」と問われると、「世界の小沢と呼んでください」「時代がやっと追いつきましたね」とノリノリだった。

イベント中盤には、相方・井戸田潤がサプライズで登場。小沢の読み聞かせを聞いていたという井戸田は「滑舌の悪さとかキレの悪さとか含め、いろんな意味で最高でした」とダメ出しを交えて感想を報告。これに対し小沢は、「ノスタルジックな物語だから、はっきりしない声くらいでちょうどいい」と反論したが、「だから朗読やっていることは内緒にしたかったんだよな。だって、潤がやった方が絶対にうまいから」とぼやいていた。

小沢の朗読に対しては辛口批評だった井戸田は、自身の話題になると一変し「『アーロと少年』はちょっとしたお姉ちゃんと見に行きました。娘と行くには、いろいろ手続きがいるので」「昔は子どもに読み聞かせしていました。最近はないですね」と寂しそうに語っていた。映画は恐竜が絶滅を免れた世界を舞台に、弱虫な恐竜アーロと、孤独な少年スポットの友情と冒険を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi