ピクサー公認「アーロと少年」“エピソード0”が日本限定披露 スピードワゴン小沢が朗読 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月11日 > ピクサー公認「アーロと少年」“エピソード0”が日本限定披露 スピードワゴン小沢が朗読
メニュー

ピクサー公認「アーロと少年」“エピソード0”が日本限定披露 スピードワゴン小沢が朗読

2016年3月11日 16:00

スピードワゴン小沢が朗読する 「アーロと少年“エピソード0”」「アーロと少年」

スピードワゴン小沢が朗読する
「アーロと少年“エピソード0”」
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作「アーロと少年」の公開を記念し、劇中で主人公アーロのバディ(相棒)となる少年スポットの過去を描いたピクサー公認の特別映像「アーロと少年“エピソード0”」が公開された。日本だけに向けた特別な映像で、お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬が絵本風につづられる物語の朗読を担当している。

映画「アーロと少年」は、恐竜たちが滅亡せずに繁栄した古代の地球を舞台に、家族と離ればなれになってしまった恐竜アーロが冒険の中で成長していく姿を描いた長編アニメーション。弱虫なアーロと対照的な、体は小さいが勇敢な人間の少年スポットが登場し、種族も性格も全く異なるアーロとスポットが、「ひとりぼっち」という共通点から次第に友情を深めていく。

冒険の中でスポットはアーロを守るため奮闘するが、そんなスポットにも知られざる過去があり、なぜひとりぼっちになったのか、そしてなぜ過酷な大自然の中でたくましく生きていくことができたのか、その理由が「エピソード0」で明らかにされている。

「エピソード0」のストーリー開発には、映画本編でストーリーアドバイザーを担当したケルシー・マンが携わった。そのオリジナルストーリーの読み手に、感動屋で独特な感性をもっていることから小沢を抜てき。スポットの「ひとりぼっち」の寂しさに共感した小沢は、「何度も読んでいるうちに泣きそうになりました。声の仕事を避けてきたボクだけど、スポットのように洞窟から出て成長しなければいけないと思った」と語っている。

また、監督のピーター・ソーンは日本や日本文化の大ファンだという。それだけに「『アーロと少年』の日本公開にあたり、何か特別なことをしたい、日本の観客の皆さんに、何か新しいものをお届けしたいと思った」と、今回の映像が日本に向けて作られた理由を明かしており、「スポットは僕たちのお気に入りのキャラクター。彼を心から愛しているから、大好きな日本の皆さんに彼のことについてもっと知ってほしい」と、「エピソード0」に込めた思いを語っている。

アーロと少年」は3月12日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi