絶対に“買い”でしょ! R・ゴズリングが「マネー・ショート」本編映像で熱血プレゼン! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月9日 > 絶対に“買い”でしょ! R・ゴズリングが「マネー・ショート」本編映像で熱血プレゼン!
メニュー

絶対に“買い”でしょ! R・ゴズリングが「マネー・ショート」本編映像で熱血プレゼン!

2016年3月9日 12:00

お調子者の銀行家を好演「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

お調子者の銀行家を好演
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2008年に発生した世界的金融危機“リーマン・ショック”を予見した4人のアウトローを描き、第88回アカデミー賞で脚色賞を受賞した「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(公開中)の本編映像が公開された。ライアン・ゴズリング演じる銀行家ジャレドが、ヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)に商談を持ちかけるシーンを切り取っている。

意気揚々とマークたちの元にやってきたジャレドは、ブロックゲームを使って住宅市場の構図を解説し、住宅ローンが暴落した場合に巨額の利益を手にできる保険CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)に大金を投じるべきだと熱弁をふるう。

映画では、専門用語が飛びかうストーリーをわかりやすくするための様々な工夫がなされているが、今回のシーンもその1つ。ジャレドは説得力を持たせるため、信用度の低い住宅ローン債権に見立てたブロックを次々と投げ捨てて目を引き、「匂うな。金の匂いだ」と巧みな話術でマークたちを引き込んでいく。最後には「銀行は手数料を稼ぐのに忙しい。(私の)考え方は銀行と異なる。私は金をもうけることが好きだ」とダメ押し。銀行側の人間ながら職場を否定するトークで信用度を上げ、プレゼン力の高さを見せ付ける。

映像中では、ジャレドと終始険しい顔のマークの対比も笑いを誘う。カレルとゴズリングは「ラブ・アゲイン」で堅物の40代男性と、主人公に“モテ指南”をするプレイボーイを演じており、ファンにとっては再共演も見どころの1つといえる。

ドライヴ」などで見せたクールな従来のイメージとは異なり、ハイテンションなジャレドを嬉々として演じたゴズリングは、「これは観客のために作られた映画なんだ。僕自身、もっとこういう作品を見たいし、出演もしたいね。この作品の利点は、映画の中で提示している問題提起に対して“僕らは物事にもっと慎重になり、ちゃんと情報を得ていたい”と感じるきっかけが作られることだと思う」と語っている。

マネー・ショート 華麗なる大逆転」は、映画「マネーボール」の原作者マイケル・ルイス氏によるノンフィクションを映画化。ゴズリング、カレルに加えてクリスチャン・ベールブラッド・ピットらが出演する。

マネーボール[Blu-ray/ブルーレイ] マネーボール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 あきらめるな、挑戦を―。貧乏球団が常勝軍団に!?常識破りの理論が起こした奇跡とは?ブラッド・ピット主演、アカデミー賞受賞キャスト&スタッフ陣で贈る、同じ時代を生きる男の真実の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi