スティーブン・キング原作「IT」がR指定で映画化か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月24日 > スティーブン・キング原作「IT」がR指定で映画化か
メニュー

スティーブン・キング原作「IT」がR指定で映画化か

2016年2月24日 12:00

スティーブン・キング「MAMA」

スティーブン・キング
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]スティーブン・キング原作のホラー巨編「IT」がR指定で映画化されることになりそうだと、Colliderが報じた。

「IT」は1986年にアメリカで刊行されたベストセラー小説で、不気味なピエロ、ペニーワイズに翻弄される人々を描く。1990年にテレビのミニシリーズとして映像化されたことがある。数年前、「TRUE DETECTIVE/2人の刑事」「ビースト・オブ・ノー・ネイション」のキャリー・フクナガ監督が映画化準備を開始したものの、クリエイティブ面での意見との対立から降板。その後、「MAMA」のアンディ・ムスキエティが監督に就任したが、目立った動きはなかった。

このたび、Colliderはプロデューサーのロイ・リーを直撃。リー氏によると現在はR指定(17歳未満の鑑賞は保護者の同伴が必要)の2部作として準備を進めており、今年下半期のクランクインを目指しているという。これまではR指定になると観客層が狭められるため、暴力描写を抑えてPG-13指定(13歳未満の鑑賞には保護者の同意が必要)にするのがハリウッドの慣例となっていたが、ライアン・レイノルズ主演のアメコミ映画「デッドプール」がR指定にも関わらず全米大ヒットを記録したことで、R指定がタブーでなくなりつつある。

なお、「IT」の脚本は、キャリー・フクナガ監督とチェイス・パルマーが執筆した草稿を、「アナベル 死霊館の人形」のゲイリー・ドーベルマンがリライトしているという。

アナベル 死霊館の人形[Blu-ray/ブルーレイ] アナベル 死霊館の人形[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 『死霊館』に登場した恐怖の人形の誕生秘話を描く、戦慄のホラー作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi