反核訴え続ける医師をフランス人監督が追うドキュメンタリー3月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月23日 > 反核訴え続ける医師をフランス人監督が追うドキュメンタリー3月公開
メニュー

反核訴え続ける医師をフランス人監督が追うドキュメンタリー3月公開

2016年2月23日 07:30

「ヒロシマ、そしてフクシマ」場面写真「ヒロシマ、そしてフクシマ」

「ヒロシマ、そしてフクシマ」場面写真
(C)MIRAGE ILLIMITE/HISTOIRE 2015
[拡大画像]

[映画.com ニュース]内部被曝の脅威を訴え続ける医師・肥田舜太郎氏に迫ったドキュメンタリー「ヒロシマ、そしてフクシマ」が、3月12日に公開されることが決定した。

肥田氏は、軍医だった1945年に広島で原爆被爆者の治療にあたり、直接爆撃を受けなかった人々が後に突然発病し、被爆者と同じ症状で死んでいくのを目の当たりにした。これをきっかけに、内部被曝の恐ろしさを訴えるため、99歳(撮影時は88~96歳)になる現在も反核運動のため国内行脚を続けている。

映画は、肥田氏の著書「広島の消えた日」に影響を受けたフランス人監督マーク・プティジャンが、「核の傷 肥田舜太郎医師と内部被曝」(2006)に続きメガホンをとった。05年~13年の肥田氏の活動に密着し、肥田氏が自らの原点である広島や、東北地方太平洋沖地震による原子力発電所事故の被災者が暮らす福島などを訪れ、講演で放射能の危険性や内部被曝の隠ぺい問題などを語る姿を映し出す。

ヒロシマ、そしてフクシマ」は、3月12日から東京・渋谷のユーロスペースで2週間限定公開される。

核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝[DVD] 核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝[DVD] 最安価格: ¥3,175 自身の被爆体験を原点に、被害者治療と核廃絶運動に献身した肥田舜太郎医師が、内部被曝の実態を訴えるドキュメンタリー映画。2006年、フランス人のマーク・プティジャン監督らが製作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi