大根仁監督、「バクマン。」は最初で最後の“正統派”作品!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月20日 > 大根仁監督、「バクマン。」は最初で最後の“正統派”作品!?
メニュー

大根仁監督、「バクマン。」は最初で最後の“正統派”作品!?

2016年2月20日 20:20

舞台挨拶に立った大根仁監督と川村元気氏「バクマン。」

舞台挨拶に立った大根仁監督と川村元気氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・佐藤健神木隆之介が共演して昨年ヒットした青春映画「バクマン。」が2月20日、さぬき映画祭2016で上映され、大根仁監督と川村元気プロデューサーが香川・イオンシネマ宇多津で舞台挨拶に立った。

バクマン。」では大根監督が得意のエロを封印。漫画家を目指す高校生の奮闘劇をストレートに描き、全国の少年少女を虜に。また、日本アカデミー賞で監督賞をはじめ6部門でノミネートされるなど内容面も高く評価された。大根監督は「俺が作る映画で、小中学生がお母さんと一緒に見られるのはこれ(『バクマン。』)が最初で最後」と笑わせ、場内を盛り上げた。

バクマン。」は、「DEATH NOTE」の原作コンビによる累計1500万部超の人気コミックを映画化した話題作。「モテキ」の大根監督と川村プロデューサーが再びタッグを組み、プロジェクションマッピングを用いた映像表現や、サカナクションが手がけた音楽も話題を呼んだ。

大根監督は「(川村プロデューサーと)2人でポップコーンムービーを目指して、とにかくヒットすればいいと思って作ったけれど、意外にも賞をたくさんいただけた」と満足げだった。

さぬき映画祭2016は2月21日まで開催。

(映画.com速報)
バクマン。 Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] バクマン。 Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,754 「デスノート」の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督のメガホンで実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社トランスフォーマー

求む、やる気満々でポジティブな……オタク!

職種映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験も可)

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー

ACクリエイト株式会社

好きなことを選ぶ。その勇気が仕事のモチベーションになる。

職種日本語版制作(字幕/吹替)進行アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi