染谷将太、“若年寄”の称号に異議あり!?「俺も動けるんだぞ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月8日 > 染谷将太、“若年寄”の称号に異議あり!?「俺も動けるんだぞ」
メニュー

染谷将太、“若年寄”の称号に異議あり!?「俺も動けるんだぞ」

2015年9月8日 22:45

舞台挨拶に立った染谷将太「バクマン。」

舞台挨拶に立った染谷将太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大場つぐみ氏&小畑健氏による大ヒット漫画を映画化した「バクマン。」の完成披露試写会が9月8日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、ダブル主演を務めた佐藤健神木隆之介をはじめ、共演の染谷将太小松菜奈桐谷健太新井浩文皆川猿時宮藤官九郎山田孝之リリー・フランキー大根仁監督、主題歌を手がけた「サカナクション」が舞台挨拶に立った。

「週刊少年ジャンプ」で連載され、累計発行部数1500万部を誇る大ヒット漫画を、「モテキ」の大根監督のメガホンで実写化。高校生・真城最高と高木秋人が、ライバル漫画家たちと切磋琢磨しながら、一流漫画家への夢や、最高が思いを寄せる亜豆美保との結婚を目指し奮闘する姿を描く。

最高と秋人の最大のライバルである天才漫画家・新妻エイジに扮した染谷は、見どころシーンを聞かれ「すごいんですよ、アクションもCGもすごいんですよ」と猛アピール。独特の存在感からか、最近は“若年寄”と呼ばれているそうで「こんな俺も動けるんだぞっていうところを頑張りましたね」と胸を張る。ワイヤーアクションもあるだけに「練習しましたね。もう、頑張りました!」と語り、秋人役の神木から「強敵でした!」と称賛されていた。

また、「モテキ」にも出演した新井は、「うちは『バクマン。』の原作が大好き。これから見るのに本当に申し訳ないですけど、(映画は)別物です。漫画を期待すると『はあ?』ってなります。現にうちも、台本を読んだ時に大根さんに意見を言ったくらいですから」と告白。大根監督を「そこまでじゃないでしょう!」と慌てさせたが、新井は「でも映画の『バクマン。』として見たら、極上です。これは自信があります。大根さんが映画でしかできないことをやっていて、これ結局ね、大根さんの腕ですよ」とほめちぎると、場内を温かい拍手が包んでいた。

映画「バクマン。」は、10月3日から全国で公開。

モテキ Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] モテキ Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,553 恋が、攻めてきたッ!かつてない恋愛映画!超進化系☆恋愛エンターテインメント!TVドラマ化もされた『モテキ』が、原作者・久保ミツロウ書き下ろしによるオリジナルストーリーで映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi