本広克行監督、是枝裕和監督にラブコール「プロデューサーやって!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月13日 > 本広克行監督、是枝裕和監督にラブコール「プロデューサーやって!」
メニュー

本広克行監督、是枝裕和監督にラブコール「プロデューサーやって!」

2016年2月13日 19:50

似ていると評判の是枝裕和監督と本広克行監督「海街diary」

似ていると評判の是枝裕和監督と本広克行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 是枝裕和監督が吉田秋生氏の人気漫画を実写映画化した「海街diary」が2月13日、香川県で開催中の「さぬき映画祭2016」で上映された。是枝監督は、映画祭ディレクターを務める本広克行監督とともに舞台挨拶に立った。

2年ぶりに同映画祭に参加した是枝監督は、何度となく本広監督と間違われるといい「報知映画賞の授賞式でも『本広さん、入られます』って言われて、仕方がないから『どうも』って(笑)」と明かし、場内を沸かせた。本広監督は、「前回は雪で飛行機が飛ばず、是枝さんは10数時間かけて来てくれた。何で来てくれたんだ? と思ったら、『うどんが美味しいねえ』って。あれ? この人、メシで釣れるんじゃないかと思った」と明かすと、是枝監督も「釣られるねえ。何とかして行こうとしますよ」と同調していた。

映画祭が10周年を迎えたことで、是枝監督が「この先、10年のビジョンは?」と聞くと、本広監督は「適当にやってきましたからねえ。今後はどうしようかなあ。世界中の映画祭へ行かれているから、いいアイデアをくださいよ」とリクエスト。是枝監督は、「スペインのサン・セバスチャン国際映画祭が素晴らしいですよ。映画祭そのものも良いし、ヨーロッパ一の美しい街並み、そしてメシがいいんです」と相好を崩しながら力説していた。

第68回カンヌ映画祭コンペティション部門に選出された「海街diary」は、国内の映画賞を席巻し、第39回日本アカデミー賞では正賞12部門を受賞している。祖母の残した鎌倉の家で暮らす3姉妹(綾瀬はるか長澤まさみ夏帆)が、山形で別の家庭を築いていた父の葬儀で出会った異母妹のすず(広瀬すず)を引き取り、本当の意味で姉妹に、家族になっていく姿を1年がかりで追いかけ、それぞれの感情の機微をすくい取りながら描く。

本広監督は、「僕も実は『海街diary』を狙っていたんですよ」と告白。原作者・吉田氏の大ファンだといい、「『河よりも長くゆるやかに』もすごくいいですよね。是枝さん、プロデューサーやってくださいよ!」とラブコールしてみせた。「逆だったらいいけどなあ」と苦笑いを浮かべた是枝監督だったが、「『海街diary』は別の人に押さえられていたんで、一度は諦めたんです。その方が手放したことで、チャンスがめぐってきた。『うまくいきませんように!』って、ずっと呪っていましたよ」と秘話を披露。これには本広監督も「僕も一緒ですよ!」と大喜びで、客席を爆笑させた。

また、司会の女優・小野しおりは、「是枝作品に出るにはどうしたらいいかとか聞いてみろよ」と本広監督にけしかけられ、困惑しきり。是枝監督は、「(『空気人形』に主演した)ペ・ドゥナがそうだけど、作品の中で自分がどうあるべきかを考え、作品の住人になれる人かな。自分をどう見せるかではなく。『海街diary』では、夏帆がすごく豊かに、空間にふっといられて素晴らしかった」と丁寧に応えていた。

さぬき映画祭2016は、2月21日まで開催。

海街diary Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 海街diary Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 「そして父になる」「誰も知らない」などで国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。
空気人形[DVD] 空気人形[DVD] 最安価格: ¥3,175 「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi