松田翔太、10年越しの夢かなう!「ディアスポリス」ドラマ化&映画化に決意の主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月12日 > 松田翔太、10年越しの夢かなう!「ディアスポリス」ドラマ化&映画化に決意の主演
メニュー

松田翔太、10年越しの夢かなう!「ディアスポリス」ドラマ化&映画化に決意の主演

2016年2月12日 05:00

10年越しの思いを結実させる松田翔太

10年越しの思いを結実させる松田翔太
(C)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/
「ディアスポリス」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 熱狂的な支持を得ながら実写化不可能と称された伝説の漫画「ディアスポリス-異邦警察-」が、4月からMBS、TBSの“ドラマイズム”枠でドラマ化、夏には映画化する一大プロジェクトが始動していることがわかった。主人公の久保塚早紀を演じているのは、強烈な存在感を放つ実力派俳優・松田翔太。原作を連載中から愛読し、いつか映像化することがあれば絶対に自分が演じたいと熱望し続けてきた松田が、10年の月日を経て夢を実現させた。

漫画家すぎむらしんいち氏と脚本家リチャード・ウー(長崎尚志)氏がタッグを組んだ原作は、2006~09年に週刊漫画誌「モーニング」(講談社刊)で連載され、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選出された。東京で難民認定を受けられず貧しい生活を強いられている密入国外国人たちが、自分たちを守るための秘密組織「異邦都庁(通称・裏都庁)を作り上げたという設定。松田が演じる久保塚は、異邦警察「ディアスポリス」でただひとりの警察官で、自治社会で生きる弱者を助ける姿を描いている。

ドラマ版では冨永昌敬監督、茂木克仁監督、真利子哲也監督、熊切和嘉監督が結集し、全10話を手がけていく。そして映画版では、第36回モスクワ国際映画祭で「私の男」が最優秀作品賞と最優秀男優賞を戴冠し、14年12月からは文化庁新進芸術家海外研修制度で仏パリに留学していた熊切監督が、全員の思いを胸に秘めメガホンをとった。

松田は、「このような作品に参加できて、心から嬉しく思います。この作品を通して4人の映画監督と一緒に撮影をしながら、色々なアイデアを頂ける、僕にとっては本当に幸せな現場でした」と喜びをかみ締める。さらに、「このような企画は貴重だと、僕もスタッフも全員思っていたのではないでしょうか。ヒロインが出てこない男だらけの現場で、辛いシーンもたくさんありましたが、みんなこの作品を楽しみながら撮影できたと思います」と充実した撮影現場だったことを明かした。

原作のすぎむら氏が「このマンガは今読み返しても面白い! だから今映像化すればさらにもっと面白いに決まってます! 早く見たいです!!」と語れば、脚本のウー氏は「あれだけは映像化不可能」とあるプロデューサーから言われたことを述懐し、「どうせお蔵入りだろうと信じていました。本気なんですね。プロデューサー、監督、スタッフ、俳優の皆様方の勇気にエールをおくります」と最敬礼だ。

そんな思いに呼応した熊切監督は、「荒唐無稽なようでいて、実は非常に現代的なテーマ性、解決できない問題をはらんでいるところに惹かれました。とはいえ、これはあくまで活劇です」と明言。松田をはじめとするキャスト陣を称え、「テレビ版は軽妙に、映画版はハードに、めいっぱい走り抜けました。何よりスタッフたちの愛と、松田翔太くんはじめ、俳優たちの肉体が最大の武器でした」とコメントを寄せている。なお、映画の撮影は2月12日にクランクアップ予定だ。

ドラマ「ディアスポリス-異邦警察-」はMBS・TBSの深夜“ドラマイズム”枠の第1弾として、4月から放送開始。連続ドラマで全10話。映画「ディアスポリス 異邦警察」(仮)は今夏、全国で公開。

(映画.com速報)
私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,021 第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門にて〈最優秀作品賞〉〈最優秀男優賞〉W受賞の快挙!直木賞受賞のベストセラー小説、禁断の映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi